1,074 Views

「まごわやさしい」とは?まめ・ごま・わかめ・やさい・さかな・しいたけ・いも類のこと

スポンサーリンク

「まごわやさしい」とは?

何その日本語?として気になったメモ!

「まごわやさしい」

まめ・ごま・わかめ・やさい・さかな・しいたけ・いも類のことだそうです。

料理の「さしすせそ」砂糖→塩→酢→醤油→味噌 は味付けの順番…

ちなみに、素材に浸透する関係でいうと…「さみさしすせそ」酒→みりん→砂糖→塩→酢→醤油→味噌 の順番。

「まごわやさしい」

  • 豆類

    豆腐・大豆・納豆など。高たんぱく質、ビタミン・食物繊維が豊富。

  • ごま

    たんぱく質・食物繊維・カルシウム・ミネラルなど栄養豊富。

  • わかめなど海藻類

    たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富。

  • 野菜

    ビタミン・ミネラルが豊富。

  • たんぱく質や鉄分がたっぷり。

  • しいたけなどきのこ類

    ビタミンや食物繊維が豊富。

  • いも類

    炭水化物・糖質やビタミンC・食物繊維が豊富。

     ドクター認定!あっぱれ食材帖 | ホームクッキング【キッコーマン】.

  • 和食が世界を代表する健康食であることは、アメリカが発表した[マクガバンレポート(※)]でも各国に知られるようになりました。『まごはやさしい』は、その和食のメリットを凝縮した「健康食材の詰め合わせ」のようなもの。栄養学的に「あっぱれ」であると同時に、

    • ●ご飯によく合う
    • ●毎日食べても飽きない
    • ●献立の組み合わせがしやすい

    だそうです。

    「まごわやさしい」は日本のかつての食事方法。ダイエットとしても注目できそう…というか、つまり日本の古くからの食べ方がよかった訳です。

     

    日本では、厚生省が、2000年に「健康日本21」を発表

    • 全カロリーの27.1%占めている脂質を、25%以下に減らす。
    • 13.5g摂取している塩分を10g以下に減らす。
    • 292g食べている野菜を350g以上に増やす。
    • 牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜からのカルシウム摂取量をそれぞれ増やす。
    • 多量に飲酒する人を減らす。未成年の飲酒をなくす。

    米国でも、1977年のマクガバン・レポートで下記のような食事が提唱され続けている

    1. 炭水化物の比率を(全カロリーの)55-60%に増やす。
    2. 現在40%の脂質を30%に減らす
    3. 飽和脂肪酸を10%に減らす。多価不飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸を10%にする。
    4. コレステロールを1日300mgに減らす。
    5. 砂糖を15%に減らす。
    6. 塩分を3gに減らす。

    さらに、第二版として、

    1. 現在28%の複合炭水化物を48%に増やす。(炭水化物全体では砂糖と合計して58%となる)
    2. 砂糖を10%に減らす。
    3. 塩分を5gに減らす。
    4. 飽和脂肪酸の摂取を減らすように肉類を選ぶ。
    5. 閉経前の女性、幼児、高齢者は卵の栄養価を考慮してコレステロールの摂取量を減らす。

    また、こんなピラミッドなども紹介されている。

     

    ヘルシーフードピラミッド

    ファイル:USDA Food Pyramid.gif

     

    ヘルシーイートガイドピラミッドファイル:Healthy eating pyramid.jpg

    アメリカの農務省指標では食品業界、畜産業界からのロビー活動や献金が多いため、あまり参考にならないかもしれない。

    【映画】「フード・インク」を観てから食品の安さが不安になった…

    勝間さんの新著「やせる」でも氏の類まれなチャレンジ精神と分析力、そしてライフハックな家電紹介とユニークな紹介がなされている。

    和食を極められると、美味しさと健康の両方を取り入れることができそう!

    あなたにお勧めの記事

    スポンサーリンク