834 Views

フレッシュネスバーガーのnature.キャンペーンで思った些細なギモン…

スポンサーリンク

2011年01月03日、結果として、96時間以上USTは、120時間USTとなって、ようやくUSTなしの外食…。

なんだか、ちょっと物足りないけど、ようやく正月休みの気分になった…。

nature.キャンペーンでクラシックバーガー スタンプラリーが堂々とポップにも店内にもポスターが掲示されている。

しかし、このキャンペーンは、2010/11/5-2010/12/31であり、この日はもう2011/01/03の22:00近くで、すでに3日後ろで、70時間以上経過していた。

このおしゃれないい写真を見て、クラッシックバーガーを頼みたくなっても、このキャンペーンは終わっている。

なぜ、ポスターが掲示されたままなのか?おそらく、その理由は、引換期間が 2011年1月末までとなっているからだろう。 少なくとも、1月3日まで、終わっていることを知らないとは思えないからだ…(そうだったらフランチャイズのエリアマネージャーにクビを宣告したほうがいい!)。

だとすると、フレッシュネスバーガーは、引き換え期間を告知するために、この終わった「nature.キャンペーン」を一ヶ月間ずっと掲示していくつもりなのだろうか?

頑張っている店員さんに、「このキャンペーン終わっているのになぜまだおいているの?」と質問したら、「店長に聞いておきます」と元気よく答えていただいた。

些細なことだけでも、気になって普通に眠れないお正月あけ…。

はたして、彼女たちは、店長に聞いてくれただろうか?

明日、勇気をだして、このポスターがまだ掲示されているかどうか聞いてみよう…。

フレッシュネスバーガー恵比寿西店
東京都渋谷区恵比寿西1-21-5West21 1.2F 

 

ちなみにボクが食べたのはスパムバーガー、美味しかったです!

 

そうそう、些細なことだけでも、気になったのが、年末に行った、ピクプレゼンツのシルクドソレイユのZEDの帰りに立ち寄った、舞浜のイクスピアリ内の蔵出し味噌ラーメンの「真剣勝負」さん。

 

 

生ビールのこの看板を見て、ノドが そそられ、さらに500円というお得そうなプライス観で注文!

 

すると出てきたのがコレ!

店名は「真剣勝負」…トホホ 参りました…。

最初からこの写真にしておいてほしい。どうして、ジョッキでないんだ?フードコートだろうが、ジョッキの写真だったら、ジョッキで出すべきでしょう…

文句をいいたかったけど、長蛇の列で、大人な振りをして我慢した。しかし、やはり、文句を言っておくべきだった。ただ、バイトさんだけだと、文句の意味を分かってもらえないことのほうが、余計にストレスになると思って、こらえて帰ってきた。

味噌ラーメンは美味しかっただけにもったいない…。

 

自分の店の「ヘンな部分」に気がつかない人が非常に多くなっている。

いつからか…日本人は自分の職場を、愛していない人たちが働くようになったのだろう…。たとえ、バイトでさえも、店長次第で、働く楽しさはいくらでも与えることができる。

秋葉原の吉野家では、注文に関する日本語しか通用しない。「トイレは、どこ?」とか、「2Fと1Fのどちらが、早く2人で席座れますか?」 などの細かい質問は、中国語をマスターしなければならない時代になっている。

おそらく、あと10年〜15年で、ファーストフードやコンビニだけでなく、普通の居酒屋やレストラン、BARでも、「コチュウモン ナンニ イタシマスカ?」というカタコトでしかサービスが受けられない時代になることだろう。

安くサービスを済ませようと思うと、日本語で満足なサービスが受けられなくなることを今から我々は、覚悟しておくべきだ。

自分の国が、崩壊するのは言葉を奪われた時だ。カタコトの日本語が日本語として定着した時、みんな濁音をしゃべると理解されないので、濁音抜きの中国なまりの日本語をマスターしなければならなくなる。

15年後に、お金に余裕がなければだ…。

老後になって、ホントにつまらない国になってしまう。

老後といっても、その頃には、80歳まで働かされるようになっているんだろうけど…。

年金は破綻、引退は80歳、寿命だけはのびて90歳くらいまで…。4人に一人はご老人。

日本にいる若い人は、中国人とメキシコ人の出稼ぎの人だらけ…。無料のテレビを見ると、中国語とヒスパニック語チャンネルが半分に…。有料のテレビだけが、日本の古きよき、現在の番組を再放送…。

本当に真剣にこの日本を、修復しなければならないと思う。









 

 


あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク

1 Response

  1. dj_roppyz より:

    サービスレベルが総じて落ちてきてる感じですね。
    継続してノウハウが蓄積されていないのと、対価のために辞めさせられない程度の仕事をすることだけに注力するバイトさんに日銭稼ぎをさせる会社の姿勢がこの状況を作り出しているのではないでしょうか。