53,761 Views

第2弾ネスカフェアンバサダープログラムの非常に残念なところ

スポンサーリンク

2014年12月15日(月)

第1弾ネスカフェアンバサダープログラムの非常に残念なところ

前回、アンバサダー・プログラムは、年内はもう無理かとあきらめ来年でもいいやと思っていたら…。

突然
電話が鳴る…。登録のない電話番号…。普段は登録のない電話はとらない。
または事前のアポのない電話には出ない主義の会社だ。うちは。
GoogleやAppleを真似ている(笑)

ただ、気になって電話に出てみた。

お!なんとネスカフェアンバサダープログラムの事務局からの電話だった。

来年になるのかと思っていたので、先週からの電話で驚いた!

それで、いつ持ってくるのかと思ったら、本日うかがいたいという。

「えー!!今日?」

外出予定があったけど、さらにずれ込むと面倒なので、外出を調整することにした。

外出時間を調整するために、

「設置の時間ってどのくらいかかるんですか?」と聞いた…。

すると、なんと!まさかの答え!!!

「約1時間です…」

聞き直した…。

「約1時間です…」

えーー!!

なんで1時間もですか?

「設置といろいろとアンバサダー・プログラムの説明がございますので…」

まじですか!

本日の16:30に来られるそうなので、やりとりを生放送したいと思います…。

http://ustre.am/5lW 

どんな営業されるんだろうか…。ガクガクブルブル

ネスレさん、まずは、1日も早く味わってもらうことが、解約条件の確認よりも重要ではないでしょうか?

普通、その日のアポイントを取ることをアポイントを取るとは言いません。

客先で1時間も油を売る…いやコーヒー豆を売る時間は、アンバサダー当選者の時間も奪うことになります。

ここまで、テンション下がるサービスなので、後は上がることしかないと思いますが…、
マーフィーの法則的に考えると、2度期待を裏切られると3度目もきっとありそうです。

…ということで、いよいよ第三弾! 最終回!思わぬ展開になった…

第3弾 ネスカフェアンバサダープログラムに非常に…  

「ネスカフェ アンバサダー」という革新的戦略 「ネスカフェ」がオフィス進出を目指した理由とは?
http://diamond.jp/articles/-/44486

コーヒー1杯20円(0.18ドル)!? 話題の「ネスカフェ アンバサダー」にBiz.ID編集部もなってみた!
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1407/28/news004.html

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク