1,952 Views

amazonで棺桶を買うと1.9万円 自分でエンディングをプロデュースする方法

スポンサーリンク

人間にはお迎えが必ずやってくる。

宗教を信じる信じないに関わらず、必ず、お葬式なるものを行っている。
かつての費用は平均400万円から、現在では平均199万円らしい。

最安値の四国149.5万円と最高値の東北282.5万円

とあるように、いくらかかるのかが非常にわかりにくい状況だ。…というか、それでなりたってきた業界なのかもしれない。
いくら格安葬儀だったとしも、必ず、電話してからの見積りとかと、緊急に決断を下さないと、だめな喪主側は常に甘く見られている葬儀の業界だ。

ボクの場合も母の葬儀の見積りは、葬儀が終わってから届いた。それは請求書だろが!そんなこんなで、自分のお葬式は、自分で決めておいたほうが簡単で明朗会計になると思った。

 残りの家族や元家族たちにも、連絡先とか、IDやパスワードを教えて、死んでからのブログを公開する方法までを伝授するとか…。
 死んでからも稼ぎ続けるアフィリエイトの相続の方法なども…。いろいろと現行の法律では決められないことも増えてきている。だからこそ自分でエンディングノートを作り、用意しておくべきだろう。

自分がもし、死んだ時に、誰にどう連絡をつけて欲しいかとか、どうしてほしいかとかを、親族に伝えている人は本当に少ない。

意外に、資産はなくとも、小さな家とか、争議になるのも小金のほうが多いらしい。行政書士から弁護士、会計士、宅地建物取引責任者までいろんなプロにお世話になることも多い。

生命保険などには数万円支払うのに、エンディングノートに時間をさかない意味がわからない(笑)。これがあれば、家族もどれだけ楽ちんで節約できることか、一度考えてみるべきだ。

むしろ、自分で葬儀費用200万円をきっちりそろえて現金で用意しておくかだ?銀行口座においておくと、死んだ時に、動かしにくくなる。勝手に家族に渡すと相続税が発生する。

葬儀費用をまるまる最初から積み立てる互助会のしくみなどもあるくらいだ。

ボクは、自分が死ぬ時に葬儀費用はできるかぎり、押させて、生きている間に人生を謳歌したい。だから、葬儀は一銭でも安く仕上げたいと考えている。もちろん、人に迷惑もかけたくない。 生前葬というのもありだろう。

自分が「死」を意識した瞬間から、「生」に対して貪欲になるから不思議だ。これは意外な効果だと思う。

一番、コストを下げられるのが、「戒名」だろう。これが、意外に利益率100%のビジネスだ。
自分で勉強して自分でつけておけばいい。江戸時代には、町民には、戒名などなかったのに。

そして、さらにコストがさげられるのが、棺桶だ。

まさか、amazonで買えるとは思わなかった(笑)
必要のある時までたたんでおいておけるという。

葬儀屋さんに頼むと、平気で最低5万円は取られる。それだったら、ソファとかベッドをいいのを買っておきたい。

 

 19,300円で送料3,700円(通常3〜4日以内に発送) 

 通常3〜4日以内に発送だと間に合わないから、買っておいてたたんでおくかな?

 それにしてもamazonで棺桶まで買える時代なんだ。

骨壷まである。 

そのうち、僧侶のクラウドソーシングとか、霊柩車のタイムレンタルとかもありだろう。

 

さらに質素に、「葬儀まで自炊する時代」になるかもしれない。

お通夜とか、葬式参列ではなく、「自炊葬儀」を手伝うことによって、友人の死を弔うなんてこともありだろう。

電報でいくらお悔やみを申し上げても、遺族には一銭のたしにもならない。

であれば、電報の替りに、遺族に80%以上、コストが渡せるような新たな電報にかわるサービスも考えられるだろう。

「お悔やみ報」みたいな配送センターから、直接配送する時間指定のサービスなどもありだろう。

今まで、自分の葬儀を自分でプロデュースすることってあまり、議論されたことがない。縁起が悪いとかでアンタッチャブルになっている。

しかし、必ずお迎えはあるのだから、考えておかなければならない問題だ。

Xデイを決めると、色々とやることが沢山でてくる。

一応、ボクは、2041年の10月12日(80歳の誕生日)にクラウド側で誕生する予定にしてみた。

まだ、27年もある。しかし今までの27年ではない。カラダや機能が茨の道の27年だ。

すると、今から27年でやり残したことではなく、最後の10年は何もしないとして、あと17年で、すべてなしとげなければならない。

10年手帳があと2冊で終わってしまうくらいなんだ。これは急がなければ!読んでいない本、行ったことのない国、食べてないる料理、新作の映画スター・ウォーズ…。

そう考えると、人生の最後の長期計画は今から考えるべきことに気づいた。

人生はたった3万日 なんだけれども、1.5万日を超えた段階で、人生の山を登るのではなく、人生の山を転ばないように降りなければならないのだ。上りよりも、下るほうが難しい。一度歩んで来た道だからだ。

エンディングをプロデュースするということは、生き方を選ぶということでもある。

 

 

After your final status update

かつて、1000Memories.comというサイトがあった。
死んだ人と家族のSNSサービスだった。

 

 

 

ボクの母親も、ネット上でのお墓はこの 1000Memories.com だった。
しかし、2012年に、
http://www.ancestry.com/
に買収されてしまった。

母親のネット墓がなくなってしまった…。これは困る(泣)
こういうサービスの継承は、慎重にやってもらいたいものだ。

現在は、ancestryは、

http://shoebox.ancestry.com/

古い写真の修復アプリで、家族や友達などをタグ付できるものをリリースしている。

無料で使える、1000memories.com のようなサービスはとても重要だと思う。

http://blog.1000memories.com/170-ancestry-acquires-1000memories

 http://jp.techcrunch.com/2011/09/28/201109271000memories-expands-beyond-digital-memorials-becomes-a-facebook-for-the-past/

 http://jp.techcrunch.com/tag/1000memories/

現在の葬儀関連市場規模は1.7兆円 
2012年、日本の死亡者数126万人
2040年には、年間葬儀167万人時代となる。

【関連情報】 お布施(ふせ)金額の目安 イオンの布施の価格目安 読経と戒名のセットだけでも25〜55万円の差 http://bit.knn.com/1l6lCn3


スポンサーリンク



あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク