814 Views

逮捕!LINE履歴監視アプリ「アンドロイドアナライザー」のインターナル社長

スポンサーリンク

http://www.internal.co.jp/products/util/android/about/
監視アプリを、所有者の知らない間にインストールする側がそもそも違法なのではないか?

監視アプリを作ったことが「ウィルス作成容疑」とはすこし、違和感がある。

インターナル ミッションステートメント
http://corp.internal.co.jp/info/message/

他人のスマートフォンを不正に遠隔操作できるソフトを作成したとして、神奈川県警は30日、横浜市西区のソフト開発会社「インターナル」社長、石田渉容疑者(40)ら男女3人=組織犯罪処罰法違反(偽計業務妨害)容疑で逮捕=を、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成容疑で再逮捕した。無断で他人のスマホにインストールして遠隔操作する不正が横行し、イ社側はこうした用途を把握した上で作成していたとみられる。

県警は、スマホ利用者の意思に反してインストールされたソフトそのものがウイルスに当たると判断し、同容疑を適用した。また、イ社の元社員の男(31)を同容疑で新たに逮捕した。

捜査関係者によると、石田容疑者らは2014年12月ごろ、スマホの遠隔操作ソフト「Androidアナライザー」を、他人のスマホを遠隔操作する不正に使われることを把握しながら、作成した疑いが持たれている。ソフトを入れたパソコンに接続するとインストールでき、パソコンからの遠隔操作で通話やメール、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の内容が確認できるほか、録音やカメラの操作もできる。

こうした機能をイ社はホームページ上で宣伝。紛失した自分のスマホの追跡や、子供の居場所確認、社員の勤怠チェックなどと用途を紹介していた。購入者は少なくとも1200人に上るとみられる。

しかしネット上では「不倫調査に使える」などの用途も流布され、勝手に他人のスマホを遠隔操作して行動を監視したり、個人情報を取得したりする不正が相次いでいた。14年には、女子高校生に乱暴した上でスマホにソフトを無断でインストールし、その後も遠隔操作で写真を撮影したり、LINEの内容を監視したりするといった事件も発生した。

京都など15道府県警は11月、このソフトの利用者側の一斉摘発に乗り出し、無断で他人のスマホにインストールしたなどとする不正指令電磁的記録供用などの容疑で3人を逮捕、10人を書類送検していた。

3容疑者はスマホ向けゲームを有利に進める不正プログラム「チートツール」を製造・販売したとして、組織犯罪処罰法違反(偽計業務妨害)容疑で逮捕されていた。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161130/k00/00e/040/227000c#csidxbe35f92f33fbf2eb3d12a97092cb65d
Copyright 毎日新聞

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク