356 Views

[wp]ドメイン名を取得する前にやっておくこと!wayback検索

スポンサーリンク

Googleの検索時代、むしろドメイン名はかつてほど、重要ではなくなってきた。
しかし、IPを直打ちしないかぎり、メールアドレスからウェブサイトにはなんらかのドメイン名が必要だ。

godaddy.com から お名前.com まで、空いているドメイン名はいとも簡単に検索できる。

しかし、重要なのは、そのドメインが初めて使われるということはないということだ。

インターネットのURLが普及してから20年。 人間が考えそうな単語の組み合わせはすべて、手垢がついているのだ。

そこで、ドメインを取得する前に、一度検索してみてほしい。それが、『wayback検索』だ。

自分の取得したいと思ったドメインを、『wayback検索』で観てみると、なぜにそのドメインが手放されたか…。

イコール、どうやって、成功しなかったのかを知ることができる。

なんらかのドメイン名には、先人のビジネスモデルが込められているからだ。

これは、ドメイン名が空いている、空いていないだけでなく、そのドメインはなぜ空いているのか?を知るいい機会になる。

https://archive.org/web/

…では実際にドメインをチェックしてみる…

financialtokyo.com
というドメインが空いていたので、wayback検索してみた。

2002年から2016年まで更新していたので、チカラ尽きてしまったようだ。

うーん、2015年に身売りにも失敗して、ドメイン販売へと走っている…。
https://web.archive.org/web/20150207235204/http://www.financialtokyo.com/

…ということが、wayback検索でわかる。

なんだか、飲食店の不動産で、以前のお店の食べログを見ているような気分になった…。

ということで、まだ、手垢のついていない、

http://www.financialtokyo.jp

のドメインを取得しました。

なにをやるかはこれからのお楽しみ!

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク