378 Views

ドラッグリポジショニング – Wikipedia

スポンサーリンク

サイエンスZERO

創薬が変わる! ドラッグ・リポジショニング
2016年7月31日 放送
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp551.html

遺伝子の発現量と病気とクスリとのビッグデータ 
化合物検索リスト CMAP
http://portals.broadinstitute.org/cmap/

候補役は、臨床試験を得て、認可される

遺伝子発現
https://ja.wikipedia.org/wiki/遺伝子発現

ドラッグリポジショニング[ソースを編集] ドラッグリポジショニング(英: drug repositioning)または既存薬再開発とは、既存のある疾患に有効な治療薬から、別の疾患に有効な薬効を見つけ出すことである [1]。 ドラッグリポジショニングに使われる医薬品は、すでにヒトでの安全性や薬物動態の試験が済んでいるため、いくつかの試験をスキップでき、また薬剤の製造方法が確立しているため開発期間の短縮・研究開発コストを低減できる[2]。しかし、その一方で目的とした効能以外での副作用の可能性も捨てきれない。高騰し続ける医薬品の価格の抑制に期待される[3]。

情報源: ドラッグリポジショニング – Wikipedia

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク