2,203 Views

pepper君と喋ってみて感じた事

スポンサーリンク

2014年6月7日、雨ふる中、ソフトバンクショップ銀座へPepper君と、しゃべりにいってきた。2014年6月5日の記者会見では、見たけれども、実際にしゃべってみたくなったからだ。

 

 

身長120cmのpepper(ぺっぱー)。
高めのトーンの声でよく喋り、よく動く。手の指などはかなりリアルに必要以上に動く(笑)。ジェスチャーも外国人のように大げさだ。

現在の段階での問題点はいくつかある。

1.人の話をちゃんと聞いていない。

2.自分だけのストーリーでしゃべりまくる。

3.空気を読まない。(読めない?)

4.会話のタイミングがワンテンポずれている。

5.黙って欲しい時のコマンドがない(笑)

…と、いくつか、要望はあるものの、「日増しに、賢くなっている。昨日より、はるかに賢くなっている」と、ソフトバンクショップのスタッフは語る。

また、「お客さんにすんなりとホワイトプランなどを勧めてくれたり、ちゃかしたりすることは我々にはできないことだ」「待たされてイライラしているお客さんのストレス解消につながるだろう」等と受付ロボットとしての、機能の評価は高い。

いまは、勝手にしゃべりまくるスターウォーズのC3POをイメージしておけば間違いない(笑)

pepperは、英語の会話の先生くらいにはすぐにでもなれそうだ。
人型だから、英語でしゃべりかけて、発音やイディオムなどを訂正するには向いていそうだ。

実際に、会話をしてみての特徴は、目の色が緑や青、赤の虹彩部分にライトが灯るところに、感情を持っているかのような気にさせてくれる。

まばたきをしているように見えたのは、この光の変化の為だったようだ。

 

素直な目に凝視される、声のトーンを分析される。表情を読み取られている。人間からpepperは毎日、毎日沢山の事を学ぶ。そして、最初はロボットアプリ再生のためのハードウェアかもしれないが、そのうち、最新OSがダウンロードされる度に、驚きのキャラクターになることが予想される。

今後は、pepperのOSプラットフォームとして、掃除専用のpepperとか皿洗い専用とか、添い寝専用とかいろんなpepperの登場に期待したくなった。

ソニーのAIBO 25万円と比較すると、pepper19.8万円で、アプリだけでも、かなり遊べることは間違いないだろう。

家庭用には、ティンカーベル、ブルーフェアリーのような存在、コオロギのジミニークリケットくらいのサイズが良いかもしれない。

 

 

pepperくん、生放送は、あまり好きではないようです(笑)

 

世界初!右脳型ロボット「pepper」発表!ソフトバンク&ALDEBARAN

 

ソフトバンクロボット、pepperは電気ヒツジの夢を見るか?

 


スポンサーリンク




あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク