492 Views

iPhone shock 2016年第2四半期(1~3月期)4月27日発表 売上506億ドル前年対比87%ダウン

スポンサーリンク

Apple のiPhoneの売上が鈍化している。
もちろん、これは想定内の市場だ。いわば、ここまで成熟し、普及し、アップデートの変化の成長曲線が鈍化すると価格を落としてのアップデートくらいしか伸びしろがない。

例えVR化などのギミックが加わったとしても、おそらくこれ以上のスマートフォンの進化は望めなくなっている。

スマートウォッチという市場もまだまだニッチなので、牽引するところまでには動きそうにない。

2016年、Appleの成長戦略にとって重要なターニングポイントの年となりそうだ。VR、自動車、AI とGAFMA陣営がこぞって同じ市場で熾烈なシェア争いになりそうな気配だ。

売上506億ドル(5兆6026億8500万円)前年対比87%のダウン
純利益105億ドル(1兆1626億1250万円) 前年対比77%のダウン 
売上純利益率は、20%

時価総額  5423億ドル (2016-04-27)
PER は、10.54倍

Apple、2016年第2四半期の業績を発表

2016年4月26日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2016年3月26日を末日とする2016年度第2四半期の業績を発表しました。
当四半期の売上高は506億ドル(5兆6026億8500万円)、純利益は105億ドル(1兆1626億1250万円)、希薄化後の1株当り利益は1.90ドル(210円)となりました。前年同期は
、売上高が580億ドル(6兆4220億5000万円)、純利益が136億ドル(1兆5058億6000万円)、希薄化後の1株当たり利益が2.33ドル(258円)でした。売上総利益率は、前年同期の40.8%に対し39.4%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は67%でした。
同社は、株主への資本還元プログラムに500億ドル(5兆5362億5000万円)を追加することにつき取締役会の承認が得られたことを発表しました。この拡大されたプログラムのもと、Appleは2018年3月末までに累積総額2,500億ドル(5兆5362億5000万円)の現金を使用する予定です。

「当1~3月期、当社は116億ドル(1兆2844億1000万円)という強い営業キャッシュフローを生み出し、資本還元プログラムを通じて100億ドル(1兆1072億5000万円)を株主に還元いたしました。手堅い業績により、本日、還元プログラムをさらに拡大し2,500億ドル(5兆5362億5000万円)とすることを発表いたします」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ・マエストリは述べています。
http://www.apple.com/jp/pr/library/2016/04/26Apple-Reports-Second-Quarter-Results.html

本日のApple株価 97.82ドル

SEC filings
http://investor.apple.com/sec.cfm?view=all
アイフォーン不振長期化も=高成長路線は曲がり角-米アップル

【シリコンバレー時事】米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が、今年1~3月期に2007年の発売以来初めて前年割れした。同期の決算は13年ぶりの減収減益。市場では販売不振が長期化するとの見方も出ており、高成長路線は曲がり角を迎えている。
米調査会社IDCによると、今年のスマホの世界出荷台数は前年比5.7%増と昨年の10.4%増から一段と伸びが鈍化する見通し。特に先進国や中国市場の不振が顕著で、販売全体に占めるこれら市場の割合が高いアイフォーンの苦戦が目立つ。
スマホ市場の主戦場はインドなど今後の成長市場に移り、低価格を武器に中国の新興メーカーなどが勢いを増している。アップルは画面サイズを小さくして価格を抑えた「アイフォーンSE」を投入したが、単価の高い上位機種の売り上げの落ち込みを穴埋めするのは難しそうだ。時事ドットコム

情報源: 【図解・経済】iPhone販売台数の推移(2016年4月):時事ドットコム

Appleの株価急落の原因を検討する

売上:506億ドル(5兆6026億8500万円)。 昨年同期は580億ドル(6兆4220億5000万円)。アナリストは520億ドル(5兆7577億円)を予想していた。
利益:一株あたり1.90ドル(210円)。アナリストの予測は2ドル(221円)。
ガイダンス:第3四半期の売上予測は410億ドル(4兆5397億2500万円)、利益は43億ドル(4761億1750万円)。前年同期は496億ドル(5兆4919億6000万円)でアナリストの予想は474億ドル(5兆2483億6500万円)。
iPhone販売:5120万台はアナリストの予測、5070万台を上回ったが、昨年同期の6120万台を下回った。
iPad販売:1030万台。アナリスト予測は940万台。昨年同期の実績1260万台に届かなかった。
Mac販売: 400万台はアナリスト予測の440万台、前年同期の実績460万台をいずれも下回った。
中国本土:これまできわめて強い成長を遂げてきた地域だが、売上は125億ドル(1兆3840億6250万円)で昨年同期の実績、168億ドル(1兆8601億8000万円)を大きく下回った。
http://jp.techcrunch.com/2016/04/28/20160426why-apples-stock-fell-off-a-cliff-today/

Appleの投資家たちはAppleの時価総額400億ドル(4兆4290億円)あまりを失った

Appleの投資家たちはAppleの時価総額400億ドル(4兆4290億円)あまりを失った

Apple、史上初めてiPhone販売で前年割れ
Apple、史上初めてiPhone販売で前年割れ

スポンサーリンク