818 Views

45杯分のコーヒー、舛添都知事の領収書問題は2011年の5年前のこと…むしろ現在が知りたい。なぜ?総務省は公開を11月末にするのだろうか?

スポンサーリンク



グッド!モーニング テレビ朝日

都内の喫茶店の1万8000円(160ドル)の支出に着目。実際に喫茶店のオーナーを取材し、「舛添さんは店に来たことがない」「うちの店で1万8000円(160ドル)の領収書は出しことはない」「誰かが1800円(16ドル)に0を付け足したんだろ」との証言を紹介した。同店ではコーヒーは1杯400円(4ドル)とし、1万8000円(160ドル)となると45杯飲んだ計算になるとも伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-00000053-sph-soci

これは週刊朝日のスクープを受けたものだ。
どう、考えても、領収書偽装の可能性が高い。
これが事実であれば、都知事は、コーヒー代金の偽装で失脚するという情けない状況になりえそうだ。
あまりにも、庶民的すぎるチョロまかしとしかいえない。

なぜにここまでセコいのかセコゾエ都知事は…。とため息がでる。

しかもこの領収書偽装詐欺の可能性は、2011年の5月のことである。すでに今から5年も前のことだ。
最新はどうなっているのだろうか?

すでに、3月31日に、締め切られているので、今までどおりの倫理感で提出されている可能性が高い。
しかし、この公開は、今年度の秋の11月30日まで待たなければならないのだ。
この公開の先延ばし、そのものが、使途不明金そのものを有耶無耶にさせてしまうものかもしれない。
なぜに、総務省は、公開するのに、国会議員以外の団体で、8ヶ月、国会議員で、6ヶ月も必要なのだろうか?


【疑惑の支出一覧】
●2010年
8月20日 一の俣温泉観光ホテル(山口県下関市) 76,077円(677ドル)

●2011年
1月3日 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 195,167円(1736ドル)
1月16日 自宅近くのイタリア料理店 34,265円(305ドル)
4月1日 高島屋 178,710円(1590ドル)
8月19日 タクシー代(沖縄) 25,000円(223ドル)
8月20日 沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ 119,822円(1066ドル)
9月7日 喫茶店(東京・赤坂) 18,000円(160ドル)
10月9日 コミック『クレヨンしんちゃん』 400円(4ドル)、コミック『イナズマイレブン スペシャル』 499円(4ドル)
10月14日 虎屋 41,994円(374ドル)
10月19日 ホテルセントラーザ博多 58,199円(518ドル)

●2012年
4月24日 中古車両代 985,000円(8766ドル)
5月7日 車両修理整備代 400,390円(3563ドル)
5月15日 中古車両代 990,000円(8811ドル)
8月13日 花衣の館 日光千姫物語 83,985円(747ドル)
12月16日 湯河原の回転寿司店 16,560円(147ドル)

●2013年
1月3日 龍宮城スパホテル三日月(千葉県木更津市) 237,755円(2116ドル)
1月24日 イタリア料理店 40,590円(361ドル)
3月23日 回転寿司店 15,560円(138ドル)
4月28日 回転寿司店 15,190円(135ドル)
5月2日 自宅近くの天ぷら店 18,050円(161ドル)
6月1日 イタリア料理店 16,665円(148ドル)
8月16日 天ぷら店 17,700円(158ドル)
8月26日 イタリア料理店 56,090円(499ドル)

●2014年
1月2日 龍宮城スパホテル三日月 133,345円(1186ドル)
1月10日 天ぷら店 16,800円(150ドル)
1月22日 舛添政治経済研究所 ハウスクリーニング代 281,500円(2505ドル)
4月15日 イタリア料理店 83,416円(742ドル)

http://dot.asahi.com/wa/2016052400132.html

生活用品のトイレットペーパーからゴミ袋を購入しても、物価の調査のためと言い張れば、政治資金ということとなる。しかし、領収証の桁をごまかしていたとすると、完全なる違法である。

どんな領収証であれ、期日までに添付して総務省に提出されていればまかりとおってしまうのが、政治団体の収支報告書だ。

しかも、公開は年に一度、11月30日まで。

政治資金報告者を見れば政治家の資質がわかる。
上場企業のBSとPLをみるようなものだ。
…であれば、四季報と同様に四半期ごとに政治家の株価というものは知りたくなる。
これは国民の投票の権利と同様に知る権利のひとつでもある。

政治資金収支報告書公開の迅速化が課題

平成27年分(2015年)の国会議員関係政治団体の政治資金収支報告書の提出期限は平成28年(2018年)5月31日(火)です。
(国会議員関係政治団体以外の政治団体の提出期限は平成28年(2016年)3月31日(木)です。)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/index.html

政治資金規正法の問題点は、提出が年に一度、そして、それの公開をもっと早めるだけでクリアになる。

せっかく、提出がインターネットでできるようになったのだから、翌月にでも公開できるはずだ。

政治資金関係申請・届出オンラインシステム
平成27年(2015年)7月より可能
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/index.html

「はじめてみませんか?」 ではなく、オンラインでの提出を義務付け、提出順に、即日公開していくということができないのだろうか?

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク