#knn

KNN KandaNewsNetwork ブログ

ヤマハ 音楽専用のSNSサイト  「プレイヤーズ王国」

ヤマハ 音楽専用のSNSサイト  「プレイヤーズ王国」

http://press.yamaha.co.jp/press/news/2004/04081802.html
月間1,000万ページビューの人気サービスがソーシャルネットワーキングに対応
■コミュニケーション機能を強化して参加者同士の交流を促進
「プレイヤーズ王国」
(http://players.music-eclub.com/players/)
が8月19日(木)からリニューアル
-自分で作ることができる「コミュニティ」機能や「音楽友達」登録機能などが充実-
ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中沢町10-1、社長:伊藤修二)は、楽器を演奏したり歌ったりするなど、音楽を楽しむ人々が自由に作品を公開することができる、音楽愛好者のためのインターネットサービス「プレイヤーズ王国」(URL=http://players.music-eclub.com/players/)に新たにソーシャルネットワーキング機能を追加し、8月19日(木)からリニューアルオープンします。
<サービスの概要>
 「プレイヤーズ王国」は、楽器を演奏する、歌う、楽曲を制作するなど、音楽を活動的に楽しむ人々が自由に作品を無料で登録して公開することができるインターネットサービスとして、当社の音楽愛好家のためのポータルサイト「ミュージックイークラブ」内に2000年12月に開設しました。以来、コピー作品も気軽に公開・試聴できるサービスとして、現在では登録者数約4万人、月間約1,000万ページビューを誇る「ミュージックイークラブ」内でも人気ナンバーワンのサービスに成長しています(下記参照)。
今回の「プレイヤーズ王国」リニューアルでは、最近ネット界で注目のソーシャルネットワーキング(注)機能を新たに追加し、サービスの利用者同士がこれまで以上に自由にコミュニケーションできる環境を整えました。
 具体的には、参加しているプレイヤーは、その個別の「プレイヤーページ」(自分のプロフィールや作品を公開できるページ)で他のプレイヤーを「音楽友達」として紹介・リンクしたり、同じ楽器やジャンルなど、プレイヤーズ王国内で志向を同じくする人が集う「コミュニティ」を自由に作成でき、プレイヤーページ内で紹介・リンクできるようにしたものです。
 また、自分では演奏を公開していない会員もプレイヤーズ王国の一員として「プレイヤーページ」が持て、自分のプロフィールの公開や「音楽友達」の紹介、“お気に入り作品”の紹介ができるようになりました。そのほか、トップページで紹介する「新着作品」の作品数を大幅に増やしたり、複数の公開作品の中から「ベスト公開作品」を選んで公開できる機能や、自分のページを訪問した人を知ることができる「訪問者リスト」など、さまざまな機能を追加しています。
当社では、今回の「プレイヤーズ王国」のリニューアルにより、これまで以上にサービスの参加者同士の交流をしやすくすることで活性化を図ると共に、楽器の演奏や楽曲制作といった音楽愛好者層の発表の場を充実させることを通じて、自分で歌う/演奏する楽しさを育む環境が発展し、“元楽器演奏者”層の楽器回帰や、現役演奏者層のさらなるモチベーションの向上に繋がり、ひいては楽器・関連機器のマーケットが拡大することを期待しています。
 詳細は以下の通りです。
<リニューアルの内容>
1. ソーシャルネットワーキングを実現する「音楽友達」
プレイヤーページにおいて、他のプレイヤーを「音楽友達」として紹介・リンクしたり、他のプレイヤーの作品を「お気に入り作品」として紹介・リンクできるなど、自分で構成できるコミュニケーション機能を強化しました。なお、「音楽友達」は、プレイヤー同士で申し込みを行い、申し込まれたプレイヤーが承認すれば、自動的に“友達関係”が成立し、双方のページにリンクが張られます。
2. 誰もが自分の「プレイヤーページ」を公開可能に
これまで作品を公開しているプレイヤーのみが作成可能であった個人ページ(プレイヤーページ)を、作品を公開しない会員も持てるようになりました。この「プレイヤーページ」では、自分のプロフィールが公開できるほか、「音楽友達」や「お気に入り作品」の紹介、参加している「コミュニティ」の公開も可能です。
3. 「コミュニティ」機能の充実
音楽ジャンルや楽器、機材、年代、地域といったカテゴリーで利用者が自由に作成できる「コミュニティ」機能を充実させました。コミュニティでは、参加者同士で交流(掲示板機能が利用可能)したり、自分が参加しているコミュニティを自分のページで紹介することもできます。「プレイヤーズ王国」参加者なら誰でも一つのコミュニティを作ることができ、個々のコミュニティの主催者となって参加者を募ることができます。
4. 細部まで使いやすさを追求したページデザイン
メンバー個人のページについて、自分の作品の中で、最も力を入れて紹介したい作品を選べる「ベスト公開作品機能」や、プロフィール項目の共通化、自分のページがどれくらいの人に見られたかが分かる「ページビュー表示」、自分のページを訪問した人のリストが確認できる「訪問者表示」など、使い勝手を考慮したページデザインに改良しています。
5. トップページで紹介する新着作品の紹介スペースを拡充
日々プレイヤーから投稿される作品について、トップページで紹介する「新着作品紹介」の作品数を、これまでの7作品から12作品に拡大します。
<注>
ソーシャルネットワーキング
自分のプロフィールや友達のリストを公開し、友達の友達のページを順にたどっていくことにより、新たな出会いを見つけるウェブ上でのコミュニケーションサービス。さまざまなテーマからなるコミュニティ(ユーザーが作ることができる)と呼ばれるグループの中から自分の興味があるものに参加して、同じ趣味・志向の仲間を見つけることができます。
——————————————————————————–
<ご参考>
「プレイヤーズ王国」について
 「プレイヤーズ王国」とは、歌を歌ったり、楽器を演奏したり、DTMを楽しんでいるアクティブな音楽ユーザー向けのウェブサイトです。
 このサイトでは、誰でも自分で演奏した作品を投稿し、オンラインで一般の人々に自由に聴いてもらうことができます。またオリジナル作品だけでなくコピー作品も無料で公開できます。
 「プレイヤーズ王国」は2000年12月のサービス開始以来、JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)管理楽曲に関しては、当サービスが一括して許諾・支払い処理を行うことで、コピー作品も公開可能であることや、無料で1人20MBまで作品が公開できること、ストリーミング再生により著作権を保護しながら手軽に試聴が可能なこと、豊富なコミュニケーション機能によりプレイヤー同士が楽しく交流できることなどにより、次第に会員数を増やし、現在の登録プレイヤー数は約4万人、延べ登録作品数は39,000作品あまりとなっています(2004年7月現在)。
 現在、新しい楽曲は毎日平均約70作品程度が登録され、月間ビジター数は約55万人、月間ページビューは約1,000万(2004年7月実績)に達しています。合計試聴数は月間150万回に達し、リスナーも活発に参加していることが推定されます。
 なお、登録作品の傾向としては、コピー作品/オリジナル作品の比率が50%/50%で、ファイル形式としてはMP3が約50%、MIDIデータが約30%、SoundVQが約20%となっています。
 また、プレイヤー同士の交流も活発で、互いのコラボレーションによる作品作りなども盛んに行われています。例えば、あるプレイヤーが作曲したメロディについて、他のプレイヤーが歌詞を付けて歌い、さらに他のプレイヤーがコーラスを加えるなどして完成した作品に対し、さまざまなプレイヤーが独自のアレンジを行う例があり、1つの作品について、ロック風、ポップス風、ジャズ風からピアノアレンジ、マーチ、ダンスミックスなど、20以上のバージョンが存在するオリジナル作品もあります。
この件に関するお問い合わせ先
 ヤマハ株式会社
■一般の方のお問い合わせ先
メディア総合戦略推進室
 http://music-eclub.quick-a.net/

華氏911 日本にもいた! マイケル・ムーア

華氏911 日本にもいた! マイケル・ムーア

大好きなマイケル・ムーア監督の「華氏911」サイトのプロモーションサ...

KNN神田さん、東京拘置所実況レポート(1)

KNN神田さん、東京拘置所実況レポート(1)

KNN神田さん、セグウェイの公道走行においての罰金支払いに納得がいか...

BBTVキャンペーン期間中の無料サービスを試す

BBTVキャンペーン期間中の無料サービスを試す

渋谷区や世田谷区に住んでいながらも、いつもマンションの都合でCATV...

世界がもし12人のオーナーだったら  番外編

世界がもし12人のオーナーだったら  番外編

世界がもし12人のオーナーだったら」の番外編を書いてみました。 オリ...