391 Views

一目でわかるピアノコード

スポンサーリンク

音楽の理論がまったくわからなくても、この15個の鍵盤のどこを押せば、このコードになるのかがわかる便利な数値で比較するコード表

【C】の7thのコードは、【11】番目の【B♭】が関係していることがよくわかる。
つまり、ルートのCから▲2半音(1音)の音が7thの響き

【C】の6thのコードは、【10】番目の【A】が関係していることがよくわかる。
ルートのCから▲3半音(1音半)の音が6thの響き

【C】のMajor 7thのコードは、【12】番目の【B】が関係していることがよくわかる。
ルートのCから▲1半音の音がMajor 7thの響き

【C】のマイナー・コードが【4】番目の【E♭】に影響を受け、

【C】のsus4のコードは、【6】番目の【F】に影響を受ける。
つまり、sus4は、Cコードの真ん中の音を半音上げればよいのか!

 

 

これは、ウェブ上で押すとこの音が出てコードの響きが聞こえるJavaScriptなどがあると便利かも!

JavaScriptでピアノコード表示はありました

Javascriptでピアノコードツールっぽいものをつくってみた(3)
http://blog.livedoor.jp/midorityo/archives/51112135.html

#ピアノコード 一覧表 これはわかりやすい!  Cコード

paul toshiaki kandaさん(@knnkanda)が投稿した写真 –

amazon unlimited より

 

 

ピアノコードを丸暗記するよりも、数値の並びで”音”を理解したほうがレパートリーが増えそうだ。

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク