1,664 Views

ロールスではなくロール「ズ」ロイス 赤旗法を撤廃させたロールズ ロールスロイス物語

スポンサーリンク

貴族の子弟として生まれたチャールズ・スチュアート・ロールズは、1896年にパリへ旅行した折にプジョーを手に入れる。新しもの好きの学生だった彼は自動車の魅力にとりつかれたが、祖国イギリスでは満足に走らせることができなかった。1865年に施行された赤旗法のせいである。蒸気自動車の普及に恐れをなした馬車業者が圧力をかけ、自動車に不利な規定を定めさせたのだ。赤旗を持った人間がクルマの前を歩いて危険を知らせなければならず、スピード制限も設けられた。

自動車の未来に希望を抱いていたロールズは、仲間とともに赤旗法撤廃に向けて運動を起こす。制限速度を無視し、ロンドン市内をハイスピードで走り回ったのだ。わざと捕まって、裁判で赤旗法の不条理を訴えようとしたのである。しかし、上流階級の彼らを拘束すれば面倒なことになるため、警官は見て見ぬふりをした。それでもさすがにこのばかばかしい法律は廃止されることになり、ロールズは大手を振ってクルマを走らせることができるようになったのである。

http://gazoo.com/car/history/Pages/car_history_048.aspx

❏レースに出場するクルマも、売るクルマも、英国車ではないということだ。赤旗法の時代にイギリスは自動車の進歩から取り残され、フランスやドイツに遅れを取ってしまっていた。

❏ロールズとは対照的に貧しい粉ひきの息子として生まれたフレデリック・ヘンリー・ロイスは、苦学の末電気製品の会社を起こし、事業を成功させていた。

❏ロイスは、フランスのドコーヴィルを購入して最新の技術を学ぼうとする。振動の激しさとコントロール性の悪さは、精密な電気製品を開発してきた彼にとって我慢のならないものだった。

❏ロイスは仏ドコーヴィルを参考にしながらも徹底的に設計を洗い直し、1904年に水冷直列2気筒エンジンを搭載した10HPを完成させる。

❏ロールズは、ロイスの噂を聞きつけ、自動車の未来に関するビジョンを共有し、独占販売を申し入れる。1904年12月に契約が結ばれた。

❏車名は二人の頭文字をハイフンで結んだものとすることが定められた「ロールス-ロイス」の誕生だ

❏開発には時間がかかるかと思われたが、ロイスは瞬く間に3種のエンジンを作り上げ、1905年中にV型8気筒エンジンを搭載したモデルまで試作した。

❏驚異的な速さで開発できたのは、どのエンジンにも同じシリンダーブロックを使ったからだ。2気筒ずつ鋳造し、6気筒の場合はそれを3個並べる。今で言うモジュール構造の考え方で、ロイスが非常に合理的で先進的な設計思想を持っていたことが分かる。

❏試作車はパリサロンに出品され、フランスの自動車業者に大きな衝撃を与えた。“自動車後進国”イギリスから、今までトップを走っていたフランスの製品をはるかに上回る品質の自動車が持ち込まれたのである。多くの受注を獲得し、1906年3月には正式にRolls-Royce Limitedが発足した。

❏ロールス・ロイスはモータースポーツに積極的に取り組み、好成績をあげて声望を高めた。ロールズ自身がステアリングを握り、高性能をアピールしたのである。

❏1906年11月のロンドン・オリンピア・ショーでデビューした新しい6気筒モデルの40/50HPでは、耐久性を証明するために過酷なロングランに取り組んだ。グラスゴー-ロンドン間をノンストップで1万5000km走行し、その後シャシーとエンジンを分解して摩耗度を調べるというものである。

❏燃料コックの不具合で走行距離は1万4371kmにとどまったものの、これはシドレーが持っていたそれまでの記録の約2倍にあたる。分解してみると摩耗はステアリングホイールまわりにわずかに発見されただけで、必要な交換部品は2ポンド2シリング相当にとどまった。このトライアルを行ったモデルはボディーが銀色に塗装され、“Silver Ghost”というプレートが取り付けられていた。静粛性とスムーズさを見せつけたことで人気が高まり、音もなく滑るように走るイメージを正確に表したシルバーゴーストの名は正式名称になった。ロールス・ロイスは、これ以降15年ほどの間はシルバーゴーストのみを生産した。

❏第1次世界大戦が始まり、シルバーゴーストは装甲をまとって戦地で活躍することになる。信頼性の高さは戦場では何よりも大きな意味を持ち、悪路をものともしない堅牢(けんろう)性が高い評価を受けた。アラビア半島で砂漠を駆け抜ける姿に感銘を受けたT.E.ロレンス(アラビアのロレンス)は、後に欲しいものを問われて「シルバーゴースト、それに一生乗れるだけのタイヤを添えて」と答えたと言われる。

❏赤旗法が撤廃されて以降、イギリスでは急速にモータースポーツが発展した。1907年には世界初の常設サーキットであるブルックランズが完成している。裕福な家庭の子弟にとって、自動車のスピードは何よりの楽しみだった。ウォルター・オーウェン・ベントレーもその一人である。少年時代から機械好きだった彼は、自動車会社でエンジニアとして働いた後に第1次世界大戦に参戦し、海軍航空隊で航空エンジンの改良に携わる。戦争が終わると、彼は自ら自動車会社を創立した。

❏最初に作ったのは3リッター直列4気筒エンジンを搭載したモデルで、SOHCヘッドにツインプラグを備え、最高出力は70馬力だった。ベントレーはクルマを完成させると、早速レースに取り組んだ。1922年にはワークスチームであるベントレー・ボーイズが結成される。参加したのは、いずれも裕福な家庭で育った若者である。1923年に始まったルマン24時間レースに最初から参加し、5位の成績を残す。翌年には初優勝を果たし、1927年から1930年にかけては4連勝して圧倒的な強さを見せつけた。

❏栄光の道を歩んでいるかに見えたが、会社の経営は危機にひんしていた。レースで勝利するためにオーバークオリティーな製品を作っていたため、販売しても利益は薄かったのだ。1931年、ベントレーは破綻し、ロールス・ロイスの傘下に収まることになった。これにより、ベントレーはロールス・ロイスのチューンドバージョンという性格を持つことになる。同じエンジンを搭載したモデルでも、ベントレー版は最高速度ではるかに上回っていた。(一般に、ロールスはショファー・ドリヴン運転手が運転、
ベントレーはオーナーズ・ドリヴンのオーナーが運転の構図)

❏第2次大戦後になると、この図式に変化が表れる。両ブランドの性能差はなくなり、ボンネットの先端に付くのがスピリット・オブ・エクスタシーかウィングドBかという点以外に違いが見つかりにくくなっていったのだ。キャラクターが曖昧になったことに加え、超高級車の存在意義も社会の変動とともに変わっていったことで、ロールス・ロイスの経営基盤は揺らいでいった。

❏1973年にはロールス・ロイスの自動車部門がヴィッカーズ社に売却され、1998年にはさらに新たな買収騒ぎが持ち上がった。BMWとフォルクスワーゲンの間で争奪戦が繰り広げられ、最終的にはロールス・ロイスがBMW、ベントレーがフォルクスワーゲンの傘下となった。

❏ドイツの自動車メーカー2社がブランドを分け合うことになったが、結果的にはこれがよい方向に働いた。ロールス・ロイスは2003年に新型ファントムを発売し、高級サルーンの伝統を継いだ。同じ年にベントレーはコンチネンタルGTを発売し、スポーティーなクーペという出自に新たな意匠をまとった。

http://gqjapan.jp/car/review/20150226/suzuki-test-drive-wraith


リムジン (limousine)、リモ (limo) とは

ドイツ語でセダンの意味であるが、日本等では職業運転手(お抱え運転手)が運転することを前提とした、大型の乗用車、特に高級車を通常指す(同じ大型乗用車であってもワゴン車はこれに含まない)。ショーファーカー、ショーファードリブンカー(ショーファーとはお抱え運転手という意味)とも呼ばれ、同じ高級車でもオーナーが自分で運転するものはオーナードリブンカーと呼ばれる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%B8%E3%83%B3

ロールスロイスは、ショーファー・ドリブンカー
ベントレーは、オーナー・ドリブンカー

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク