209 Views

MacOS Sierra対応のScreenflow 6.0

スポンサーリンク


MacのSierraで Siriの音声によるメモ書きが便利になった…。

その他の機能は…というとあまり、メリットを感じない…。

むしろ、Sierraにすることによって、サードパーティー側の対応を待たされることがある。

ScanSnapなども対応中ということだったが、現在はアップデートでSierraで使えるようになった。

そして、面倒なのがTelaStreamのように、有償アップデート。
大した機能アップもないけれども、 Screenflow 5 はSierraで動かず、泣く泣く、Screenflow 6へアップデート。

デスクトップキャプチャの動画アプリとなると、他にそれほど、対抗できるものがない。しかもそのまま統合した編集環境を考えると、Adobe のPremiereを使うためだけに、adobe全製品を月額契約するほどアホらしいものはない。

なので、Screenflowという選択肢となり、毎回、3000円(26ドル)程度のアップデート更新を要求される。

今回は日本円で¥3523だった。

http://www.telestream.net/screenflow/whats-new.htm

新規では 99ドル(1万1578円)

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク