1,409 Views

Google Photosのソーシャルタギングがすばらしい!

スポンサーリンク

Googleが2015/05/29 開始した無料クラウドサービス Google Photos。

https://photos.google.com/

「Google Photos」発表。1600万画素までの写真を無制限に保存。Android / iOS / WEBで本日提供開始
http://japanese.engadget.com/2015/05/28/google-photos-1600-web/

1600万画素までの写真に1080pまでの動画ビデオが無制限に保存できるというものだ。

なんともまあ、無制限!という響きがすばらしすぎる…。

アプリやパソコン用のアップローダはこちら
https://photos.google.com/apps

まずは、万一漏洩しても問題ない写真類からアップロードしてみた。

大量の分量なのでしばらくしてから検索ワードを打ち込んで驚いた!

「カレー」と日本語で検索をかけると、2年前のカレーに見えるものが見事に検索されている。

「うどん」で検索してみた…おおお! なんとなく、うどんっぽい(笑)

「焼き肉」で検索してみた…。おお、焼肉にみえるステーキも(笑)

すごい!!! ボクは自分の写真には何もタグを打ち込んではいない。しかし、Googleにはおびただしいほどの画像検索における画像と名称のデータベースを持っている。それを個人の写真にも適用させてくれるのだ。

これは、無料にしても成立するほどのGoogleのカネのなる木だ!

なんとも、この便利さは、Gmailと出会った時と同じ衝撃を感じた。写真の加工面での精細さではなく、膨大な写真をどんなデバイスでも瞬時に、おもいついたワードで検索できるというメディアをGoogleは提供している。

当然、カレーを過去の写真から検索する人に、どんな広告を出せば効果的なのかをGoogleは世界で一番よく知っている。

個人の撮影した画像検索を新たな広告媒体とするという勝算なのだろう。現在のところ、広告を出しそうな気配は何もない(笑)

ただ、問題は、アップロードしただけでは他人には共有しない限り公開されていないが、 UIがGoogle Plusに似ているので、
アシスタントに新しいコラージュができていると、思わずGooglePlusに公開してしまったのかと焦る焦る!

これは、心臓に悪い(笑)

【設定】で【自動セク正の候補を表示】をOFFにすればよい

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク