381 Views

遅すぎた? 「Spotify」ついに日本上陸

スポンサーリンク

かつてオークション市場に、e-Bayがおそすぎた日本上陸で撤退を余儀なくされた。後出しジャンケンのメリットはどこにあるのか?
参入障壁の雪解けで参入であるとしたら、Spotifyならではの機能がないと相当厳しい。どの聴き放題サービスも、いまだに、オルゴール曲が多いのが日本の音楽業界の閉塞性を物語っている。
オルゴール楽曲を提供していると聞いてもらえなくなという危機感にはまだ至っていないのが一番の問題だ。


❏音楽ストリーミングサービスの世界大手「Spotify(スポティファイ)」が、ついに日本に上陸した。9月29日からエントリー制でサービスを開始し、11月から正式にスタートする。国内では昨年以降、「LINE MUSIC」や「Apple Music」などの定額制サービスが相次いでスタート。世界大手の上陸でユーザー獲得競争が激化しそうだ。【他定額音楽サービスとの違いは?】Spotifyは2006年にスウェーデンで創業し、08年にサービスを開始。「音楽ファンが作る音楽ファンのためのサービス」をモットーに、音楽の定額配信、ストリーミング配信、フリーミアムモデルサービスの先駆けとしてスタートし、規模を拡大。現在は世界60か国1億人以上のユーザーを持つビッグサービスだ。15年売り上げは19億4500万ユーロ(約2200億円(18億7000万ドル))で、前年同期比で80%の成長を果たしている。同社の収益は有料プランと、無料プランで再生された広告収入の2軸。基本は無料プランで会員数を増やし、有料プランに誘導する「フリーミアム」モデルだ。有料会員は現在、世界で4000万人を超えている。

情報源: 遅すぎた? 「Spotify」ついに日本上陸 そのインパクトは (ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク