2,624 Views

Viceという超新星 極悪メディアが第2のハフィントンになる

スポンサーリンク

縦書き見出しという日本語対応だけでなく日本語文化圏にも対応するvice.com日本語サイト  http://jp.vice.com/

ベアナックルファイトのレポートから麻薬組織などアンダーグラウンドなニュースサイト
これでどうやって広告主が得られるのは不思議だ。決してBBCやNHK的なアプローチでもない。

The virtues of Vice: how punk magazine was transformed into media giant” Guardian(2015年1月1日) @janemartinson

❏ That the Murdochs, via 21st Century Fox, Disney’s Bob Iger and the co-founder of MTV Tom Freston all provide cash-backed enthusiasm for Vice suggests they believe that the company, which started life as a “punk magazine” in Montreal in 1994, could understand young people better than News Corp, Disney or any other more traditional media company.

❏世界の新興メディアの代表例と言えば、バズフィード。それと負けず劣らずの存在感を誇るのが、Vice Media(ヴァイス・メディア)だ。

❏1994年に、カナダのモントリオールで”パンク雑誌”として産声を上げたヴァイスは、その後デジタルに進出。「次のCNNを狙う」という目標の下、世界35カ国で展開し、インパクトのあるドキュメンタリー動画などで名を上げた。

❏グローバルの月間オーディエンス数は1.81億人に達しており、1980〜2000年生まれの若者から、絶大な支持を得ている(平均読者年齢は27歳)。

❏2014年 昨年時点の想定時価総額は、25億ドル(2,500億円)。売上高10億ドル(1,000億円)、営業利益率は30〜35%に達するポテンシャルがあると公言している。

❏コンテンツ面での特徴は、危険を顧みない「圧倒的な取材力」。ウクライナ、シリアからの現地レポートは大きな評判を呼んだ。2013年に、元NBA選手のデニス・ロッドマンが北朝鮮を訪問したが、その背後にはヴァイスがいたと言われている。

❏収益モデルの柱は2つある。ひとつは、ライセンシング。自らのコンテンツを、世界中に売りまくる。いわば、コンテンツの制作工場である。もうひとつの収益源は広告・スポンサー収入。傘下のクリエイティブエージェンシー「Virtue」が、テレビと同じように番組スポンサーを募り、ネイティブ動画を創ることで高い収益を上げている。

❏Vice, with its gonzo-style journalism and access-all-areas attitude (typical headline: I Went Undercover in America’s Toughest Prison), is not easy to define.

 

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク