1,083 Views

あれから29年 JAL123便 フジテレビ「日航123便 32分間の闘い」で知った事実 吉崎さん、永田さん、ありがとう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク







昨日(2014/08/12)のフジテレビの特番「日航123便 32分間の闘い」で知った事実。


日航機墜落30回目の夏生存者が今明かす“32分間の闘い” 1… 投稿者 b-animation

助かった4名のうちの2名の吉崎博子さん美紀子さん親子の証言にショックを受けた…。
亡くなられた吉崎優三(夫・享年38才)さんが、キャンセル待ちのチケットが取れていなければ、家族全員5名(うち3名死亡)がJAL123便をキャンセルしていたということ。

ボクはあと3人のキャンセル待ちだったので、吉崎さん家族が乗られた事によって、搭乗しなかったという事を29年目にして初めて知った。

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140722-298.html

また、同番組で、JAL123便に乗られた大阪電通の永田昌令(享年53才)さんもギリギリでのご搭乗であったことを知った。
改めて、ボクがこうして生きているのは吉崎さんや永田さんとのほんのわずかな時間のズレだったことを知った。

 

http://www.acc-cm.or.jp/kaiho/103/28cm_shi/menu2.html

自分自身でも記憶が断片的なので、日本航空の広報課に「当時のキャンセル待ち」について問い合わせをしている。
フジテレビの制作ディレクターならより詳細にこのあたりの事情がわかるかもしれない。

 何よりも、この番組を通じて、現在の自分がこの地球に立っていることそのものの因果関係が可視化された。

吉崎さん、永田さん、こんなボクの身代わりになっていただきありがとうございます。

皆様の命の分まで、噛み締めながら生きていきたいと思いました。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク




あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク