644 Views

だんだん、iKmultimedia社のiRig Micが欲しくなってしまう映像 ※要注意!

スポンサーリンク


 

【追記】日本でも発売になっています…。

すでに、3,000円を切ってしまうとは!

 

 

iRigを購入して、ギターで遊んでいたら、DMでiRigMicなるものが登場していることを知る…。

だんだん、iKmultimedia社のiRig Micが欲しくなってしまう映像 ※要注意!

http://gyazo.com/882d426e68f9f3813ea6aaa532d23594.png

 

それで「iRig Mic」で検索してみると、映像が登場。

百聞は一見にしかずで見てみることに…。

素晴らしい!!

これは楽しそう!!やってみたくなるけど、音痴の自分には、必要ないと思う…。

やはり、歌がうまい人だといいなぁ…。

 

しかしながら、自分には無意味と思いながら…次の映像へ

 

歌はだめでも、ギターはコードくらい弾けるよ…という人には、これなら、なんだかiPadとiRig Micひとつで、いろんなことができるということがわかります。

歌もさることながら、こうやってタッチしていきながら、曲ができるプロセスそのものが面白そうです。

iPadの活用方法のプレゼンと称して、経費で落とせそうな気がしてきた。

しかもUIは昔ながらのカセットテープのMTRタイプの4トラックと使い方もシンプルそう…。

 

そして、こちらは NAMMという楽器の展示会でのレポート。

おや!ダイナミックでなく、コンデンサーマイクだそうな…。もうすこし、デザインを工夫してもらいたいものです。どう見ても、カラオケマイクに見える。

レポーターのRODEのインタビューマイクの方がかっこいいい…。

 

でも、考えてみると、iPhoneやiPadで高性能な音声を録音するためのマイクってそういえば、あまりないことをこの映像で見て改めて感じはじめた。

二股になっているので、ヘッドフォンで音声をモニターできるという機能もうれしい。

 

 

この映像を見ると、決して歌を歌わなくても、Ustreamなどで、音声をダブリングするなどのことにも浸かるかもと思い始めた…。

 

 

…で、ここまで、あえて、値段を見ないようにして映像だけをみていたんだけど、お高いのかどうか…が気になりだした。

5000円くらいだったら、考えてもよさそうだ。どうせ、iKmultimedia社のことだから、ハードは安く販売しておいて、アプリでガッチリ稼ごうと考えていることだろう…。

amazonで検索…。

あれ、 iRigしか見当たらない…。

ここまで、来て、人はどのように消費行動をとっているのかを、自分を実験台にしてやってきたのに…。

まだ、発売されていないんだ…。

うーん、気になった人、ごめんなさい。

USでの価格はこちら

http://gyazo.com/aa6923c39e7fe0fddf272a02a2f9ddc6.png

iRigMicは59.99ドル

現地価格で考えると、円高80円で、4799円

輸入商品は、アップルストアでさえ、0.99ドルが115円となる円安相場113.9円なので、59.99ドルは、ソフトウェアならば、6832円までは許せる。

しかし、ハードウェアで、輸送費と年間保証と代理店マージンを考えると、130円くらいかな。すると7798円までが許容範囲。

うーん、5000円以下で踏んでいたんだけど…。

https://www.webstore.ikmultimedia.com/wstore/webStoreListServlet?WEBSTORE_CATEGORY=1000009

楽天では3月発売!とか2011年春 のショップがいくつか… 7980円!!

人柱になるかならぬかはちょっと考え中。

アマゾンで販売してもらえれば送料いらないもんね。

そう、送料が意外にバカにならない。送料 東京なのに850円!

KEY価格7980円

ワタナベ楽器価格も7980円


【追記】※iRigMicが3000円を切っただけではなく、iRigまで1130円までに、これからは人柱になる前に人柱を見てから購入する人になったほうがいいのかも…、いや無理だろうなぁ…

価格.comでも7980円だ…。

と思って、価格.comを見ていると、

Finepix X100が115,000円

FinePix X100

これも気になる…。

 

そういえば、ずっと気になっている東芝 REGZA の55Z1はいくらになったのだろうか?

http://kakaku.com/item/K0000104854/

なんと! 最安価格(税込):¥223,799 

昨年のエコポイント駆け込みの時に大騒ぎしていた時よりも、安いではないか!

東芝 REGZA 55Z1      ¥261,000 エコポイント▲36,000 =¥225,000  
1インチ当たり ¥4090 消費電力 228w

これが、

¥223,799  しかも、3月末までならば、▲17000円エコポイント=206,799

年末に駆け込んだエコポイント需要よりも、18,201円も安い!

あの駆け込みで電気屋さんに並んだ皆さんごめんなさいと、政府もあやまるべきかもね。

メーカーさんかな?

しかも、7月からアナログチューナー不要なので、春から販売される大型液晶テレビは、節電モードに震災を契機にして、下方修正。さらに値下がりする可能性もありそう。

iRig Micの購入検討のはずが、またもや、55インチ液晶テレビの検討に…。

46インチを超えると、等身大に、55インチを超えると自宅が映画館。

うーん、悩む…。

現在は、ドン・キホーテで激安の40インチ シャープのLC40DZ3がメイン。

エコポイント17000円で衝動買い…。

でも、40インチって大きくもなく小さくもなく、中途半端…。

一番売れ筋は、REGZA42インチ 42Z1 で91,000

みんなREGZAの超解像技術がすきなんでしょう…。

やはりテレビは46インチ以上でないと、オトコでないと思う(笑)

 




あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク