325 Views

やはりジョンのパートではなくポールのパートで歌って欲しい!ポール・マッカートニー

スポンサーリンク


 


 

ポール・マッカートニーがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!な気分なのだが、ビートルズ曲が増えてきているのと、長い間の禁じ手であった、ジョンのパート部分も歌いだしたことが気になっている。

わかりやすいのは、Please Please Me だ。

ビートルズの初期のナンバーであり、ツインボーカル3度のハモリの入れ替わりなどが楽しめる曲だ。

原曲はポールが3度上なのだが、現在はポールが主旋律のジョンのところを歌う。決して、ポールが以前のキーが苦しいワケではないのに下のパートを歌う理由がよくわからない。

ポールの声のハリが主旋律だと活きてこないように感じる。

また、

Eight Days Week も同様でしかりである。

ファンサービスに徹する音楽職人としては、なぜ、ジョンのパートにここまで、こだわるのだろうか? サビはもっと上に行けるはず。

そして、もっと深い謎は、世界で一番、ジョン・レノンの声真似のうまいポールがジョンの声には決して似せてこないところ。

まるで、ポール・マッカートニーとしてビートルズの曲をリメイクしているようにさえ思えてきた。

圧巻は、

Being for the Benefit of Mr. Kite だ。

もちろん、ジョンの曲だけれども、難しいベースフレーズを弾きながら演奏している。歌よりも、ベースプレイを楽しんでいるのかな?
どうやら、ビートルズ時代にはできなかったことにポールは、チャレンジしているようにさえ思える。

世界各国をツアーで回っているからこそ、ビートルズでの楽曲は、その国のジョン・レノン大好きなアーティストにジョンのパートを歌ってもらい、かつてのビートルサウンドを再現するのはどうだろうか?そんなちゃらけた事はやりたくないのかもしれないが…。やはり、ジョンの曲はポールでも物足りない。

今のメンバーは、ようやく安定した良いメンバーだけれども、ジョンのコーラスパートがやはり弱いのも気になる。

そしてポールがジョン・パートをやるとポールパートが今のメンバーでは、全くダメだ。そこに、本物がいるのだから、本物のポールの仕事をしてもらうべきだ。

そのためには、ジョン好きでポールと一緒にデュエットしたいアーティストコーナーを各国で実現してほしい。

今回の、全38曲中、ビートルズ・ナンバーは26曲というツアーだからこそ。変化があってもいいと思う。

 

 


KNN YouTubeチャンネル登録
http://www.youtube.com/user/knnkanda

 

 

 


スポンサーリンク






この記事に関連する記事