1,321 Views

アドリブを自由に弾きたい人のためのギターアドリブ講座


岩下 潤さんのサイトとても勉強になりました!
http://www.j-guitar.com/ha/adlib/

YouTubeで見られる映像を順番に並べてみました。

 

Aマイナーペンタトニック・スケール

基本はAのブルースでスケールを覚えます。

ルートの音は A =  1  と 6 と 11

「あいうえお」は必要なスケールだけど、会話にならない

使えるセンテンス「おはよう」「こんにちは」を覚えたほうが楽しい!

なるほど!

5 Gソ(7th) 6 Aラ(ルート) 7Cド(♭3rd) 8Dレ(4th) 9Eミ(5th) しか使わない。

 

ローリー寺西さんの、ペンタトニックスケールからの目覚め!

 

そうか、アドリブは歌ってみなければならないのか! 今まで歌っていなかった…
たった5つの音で弾くペンタ(5音)トニック

ソG ラA  ドC レD  ミE のみ

この歌いながらのアドリブ練習はいい!

 

Amペンタトニックに、「♭5th」  が入ると、急にブルージーになる。猫ミミの先生です。

さらに、「9th」が、様式美がゴシックな感じでてきました!

 

周りの音が入ると、一気にバリエーションが豊かに!

♭5(ブルーノート) 2弦4フレット  3弦8フレット

♮3rd  3弦6フレット 明るい音

△7th 4弦6フレット 切ない音

6th

9th

 

さらに周りの音を加えて歌ってみる。ダバダ、ダバダ、こりゃ、楽しいかも!

このへんで、イングヴェイ先生のレクチャーも…

 

リズムからのアプローチ

ンタッタッター ンタタタ
裏拍でのソロ

 

 

このへんで、エリック・ジョンソン解説のエリック・クラプトン奏法