インターネット取引による株式売買代金は112兆5183億円 2011年 日本証券業協会

Toshiaki Kanda 2013年02月16日 土曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 



インターネット取引による株式売買代金は112兆5183億円 
2011年 日本証券業協会

インターネット取引できるのは、310兆8863億円のうち、112兆5183億円

つまり、直接投資の36.19%は、ネット取引によるものだ。

 

このネット取引の約112兆円をどれくらいの規模なのかを比較してみよう。

 

●日本の建設業界 111兆円 2010年財務省法人企業統計

●日本の国家予算 92兆6115億円 平成25年一般会計

自動車産業 55.9兆円の約2倍 =111.8兆円 

首都直下型地震 最悪の経済被害 112兆円

世界の水ビジネス 110兆円  

日本のタンス預金 30兆円

 

ネット上で株式売買に参加することによって、

・特定の企業を支援することができる。

・自らの資産を形成することも可能となる。

・日本の経済環境や国際情勢にも影響を受けることにより、経済ニュースに敏感になることができる。

・自分の寝ているお金を働かせることができる。

 

 

 

 


 





 

 

この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 119
Toshiaki Kanda