エリカ夫の高城剛さん「高城未来研究所」を設立し、有料メルマガを発行!

Toshiaki Kanda 2011年06月28日 火曜日
0 people like this post




http://www.takashiro.com/future

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

高城未来研究所の設立及びメールマガジン「Future Report」発行のご案内

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

拝啓
梅雨の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

この度、激動の時代をいかに生き抜くかをテーマに、未来予測、市場予測を企業と個人を顧客にコンサルティングする「高城未来研究所」を設立致しました。
自分自身の目で見てきた世界をふまえ、独自のネットワークを駆使し、今後、日本と世界はどのように変化していくのかを推察し、僕が知る限りのこの時代を生きる術を、一刻も早くご一緒に考えたいと思っております。

この研究所では、毎週金曜日発行のメールマガジン(月額840円)で、高城剛主筆「フューチャーレポート」(http://www.takashiro.com/future
(6/24第一回配布予定)もあわせて発行いたします。

このメールマガジンは、この研究所の定期レポートで、日々刻々と変わる世界情勢の見方や、デュアルライフや2本社制度、個人の海外起業や学習、ノマドな仕事や生活の具体的実践方法、エネルギーの自給自足、二十一世紀型クリエイティブとコミュニケーションの変貌などをお伝えし、また、マスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせて、限られた皆様にお届けしたいと思います。

また機を同じく、この6月23日には、高城剛最新刊『時代を生きる力』(マガジンハウス刊)が発売されました。
前作から、4ヶ月と異例のスピード出版です。東日本大震災後の日本のエネルギー問題の今後、マスメディアと政治、未来型ライフスタイル提言について書いた新作です。

本年は、執筆年と年初に打ち出し、時代が急速に曲がるコーナーの上で、絶妙なるバランスを取りながら、提言を続けていきたいと思います。

今後とも何卒よろしくお願い致します。

高城剛
www.takashiro.com

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
・高城未来研究所
http://www.takashiro.com/future
・高城未来研究所「Future Report」
毎週金曜日配信 月額840円(税込)
登録は、高城未来研究所から行えます。
・最新著書
「時代を生きる力」(マガジンハウス刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4838722648
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

http://www.takashiro.com/future/

高城未来研究所とは、近未来を読み解く総合研究所です。
近年、経済、自然災害、エネルギー、水と食料と、あらゆる危機が続き、未来を予測するのが困難な時代に私たちは生きています。そこで、想定外の想定をし、あたらしい道を見いだしたい個人と企業のために、あらゆる角度からの未来予測と市場予測、そして現実的な可能性の追求を本研究所で行って参ります。自分自身の目で見てきた世界をふまえ、独自のネットワークを駆使し、今後、日本と世界はどのように変化していくのかを推察し、僕が知る限りのこの時代を生きる術を、一刻も早くご一緒に考えたいと思っております。

また、毎週金曜日にこの高城未来研究所「フューチャーリポート」をメールマガジンとして発行いたします。このメールマガジンは、この研究所の定期レポートで、日々刻々と変わる世界情勢の見方や、デュアルライフや2本社制度、個人の海外起業や学習、ノマドな仕事や生活の具体的実践方法などをお伝えし、また、マスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせて、限られた皆様にお届けしたいと思います。

時代の変化は、急速になると感じます。
その大きなカーブに備え、準備をしなくてはいけません。

なぜなら、未来は、いまならまだ選べるからです。

未来研究所 所長 高城剛

高城剛さんが、「高城未来研究所」でいよいよメルマガを展開。期待しております!

 


    
 

 


この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 313
Toshiaki Kanda