631 Views

オバマで学ぶ英語リスニング「オバマリスニング」 change.gov



ジャーナリストの佐々木俊尚氏の有料メールマガジン「佐々木俊尚のネット未来地図レポート」を購読している。
良質なメッセージを届けてくれるので、愛読している。

先週、記事で紹介していたオバマが当選後に公開したサイト change.gov が気になった。

 実際、オバマは大統領就任後には、今回の選挙で獲得した多数のサポーターたちを政治
パワーとして醸成していき、ネット中心の政治へと昇華させていくことを狙っているよう
に見える。その最初の一歩が選挙運動終了直後に立ち上げた「Change.gov」というサイ
トだ。このサイトにはオバマの演説や記者会見が閲覧できる通常の機能以外に、国民が政
策のアイデアを投稿できる機能も実装されている。また新政府で働こうと思う人が仕事を
探すことのできるコーナーもあり、ウェブ上で書類審査が行える。

Change.gov
http://change.gov/

 選挙運動中のMyBOと同様に、オバマはこのサイトを政治の軸として機能させていこう
と考えているようにも思われる。実際、彼は緊急ではない法案については署名前の5日間、
サイト上で国民の意見を募ると公約している。また新政府にCTO(最高技術責任者)を
設置することも検討しており、アメリカでは政治のテクノロジー化がこれによって一気に
進行しそうな勢いだ。

 こうしてインターネットによって有権者と政権が直結してしまえば、マスメディアがこ
れまで独占してきたアジェンダ設定機能と政治への接続機能は奪われ、ネットへと劇的に
移行することになってしまうだろう。

change.gov を見ていて、これは英語のヒアリング教材にオバマ次期大統領を使うのは悪くないと感じた。

このように、マスメディアに頼るかつてのPR戦略ではなく、ユーザーが自由自在に加工醸成できるユーザージェネレート型のPR(パブリック・リレーション)が、本当の意味での民主的な政治なのかもしれない。

obama

アメリカ国民以外にはこんな英語の教材的な使い方ができる。

何度も見ているうちに、これは英語の生きた教材になると感じた!

「ボクの英語の先生は、バラク・オバマ大統領でした」という子供が登場してもいい頃だと思う。実際にボクの英語の先生はジョン・スカリーと、スティーブ・ジョブズのキーノートスピーチのビデオであった。

画像はYouTubeなので、いつでもembedできる。そして本文もテキストで入手できる。

さぁ、それでは実際に「オバマリスニング」を始めてみよう!

必要な時間は、たったの30分間だ。

でもこの30分後に、あなたは、世界が注目するトピックと英語耳を感じることができるはずでしょう。

【1】まずは、最初にこのYouTubeの動画だけを見て、オバマ次期大統領のコメントをヒアリングしてみよう。

2回聞いても、たったの10分だ。 しかも相手は、来年の米国大統領のメッセージだから、彼の声や話し方、アクセントに馴れておいても、これからの4年間はまったく損をすることはないだろう。

まずは、何もなしに、オバマのスピーチのリスニングに集中。

チンプンカンプンでもまったく問題ない。

大事なのは、英語になれる耳「英語耳」を作ることだ。

最初はどかーんとしてかたまった、チャンク(かたまり)のような英語にしか聞こえないが、ひとつひとつの単語として英語を聞き取るには、何よりも、英語を聞き続ける時間が必要だ。ある日、突然、ポッカリと耳の栓が抜ける瞬間がやって来る。

これが、「英語耳」という。

英語をしゃべるには、必ず英語耳が必要であり、相手の言葉が理解できないとしゃべることも不可能だ。だから、しゃべることよりもまずは、英語耳を作り、相手の言葉を理解できることが必要だ。
もちろん、日本語に直していては、まったく英語耳にならない。
英語の文法のままで理解することが一番重要だ。日本語に訳している間はダメなのである。英語のまま理解することが一番大事だ。

実は英語のほうが、日本語よりも主語と述語が明確なので、最初だけ理解できれば大体のニュアンスは理解できる。まずは、主語と動詞だけが、頭のメモリに一旦、格納できれば、まずは成功としよう。
日本語は最後の最後まで聞かないと、大どんでん返しにあってしまうケースが多い(笑)。

英語耳は約100~200時間、必要だと一般に言われている。つまり一日1時間でも100~200日は必要となる。30分だと、2年かかることになる。よほど、ヤル気や目標がないと設定できないけれど、はじめない限り、永遠に英語耳は作れない。何か、英語を真剣に聞かなければならない時間を強制的に作りだすことが必要となってくる。

テレビの映画を字幕なしで見て、字幕つきで見て、最後に字幕なしでみるという方法を女優のかたせりのさんがやっておられたが、2時間映画で6時間もかかる。これは大変だ。

しかし、このオバマリスニングであれば、30分間で可能だ。まずは始めることだ。自分を変えるのだ。Change

【2】そして、次は、この下の本文を見て、再度ビデオを再生する。

これを2回。最初は目で文章を追いかけるだけでかまわない。2回目は、なんとなくオバマのアクセントの癖がわかってくる。ブッシュ現大統領よりもよっぽど聞きやすいはずだ。オバマの声は倍音の成分が多いらしく魅力的に感じるらしい(テレビの番組より)。

ここまでで約20分。

そして、この本文にでてくる、どうしてもわからない用語だけをネットで調べるこれで5分くらい。

【3】本文を見ないで、先ほどの映像だけを見ます。これで最後だ。

オバマの再生は合計 5回目だ。なんとなく、オバマのメッセージが伝わったのではないだろうか?

アメリカは今このように進もうとしているのをオバマの口から感じ取ることができたはずだ。

無料でできる、「オバマ・リスニング」を勝手にはじめてみた。これはなかなか効果がありそうだ。

できれば、自分の人生の時間割の中に、月曜日の何時から30分は「オバマリスニング」とスケジュール化するのが、一番いい学習となることでしょう。

問題は、努力ではなくどのように習慣化できることだと思います。

 Remarks of President-elect Barack Obama
Radio Address on the Economy
Saturday, December 6, 2008

Good morning.

Yesterday, we received another painful reminder of the serious economic challenge our country is facing when we learned that 533,000 jobs were lost in November alone, the single worst month of job loss in over three decades. That puts the total number of jobs lost in this recession at nearly 2 million.

But this isn’t about numbers. It’s about each of the families those numbers represent. It’s about the rising unease and frustration that so many of you are feeling during this holiday season. Will you be able to put your kids through college? Will you be able to afford health care? Will you be able to retire with dignity and security? Will your job or your husband’s job or your daughter’s or son's job be the next one cut?

These are the questions that keep so many Americans awake at night. But it is not the first time these questions have been asked. We have faced difficult times before, times when our economic destiny seemed to be slipping out of our hands. And at each moment, we have risen to meet the challenge, as one people united by a sense of common purpose. And I know that Americans can rise to the moment once again.

But we need action – and action now. That is why I have asked my economic team to develop an economic recovery plan for both Wall Street and Main Street that will help save or create at least two and a half million jobs, while rebuilding our infrastructure, improving our schools, reducing our dependence on oil, and saving billions of dollars.

We won’t do it the old Washington way. We won’t just throw money at the problem. We’ll measure progress by the reforms we make and the results we achieve — by the jobs we create, by the energy we save, by whether America is more competitive in the world.

Today, I am announcing a few key parts of my plan. First, we will launch a massive effort to make public buildings more energy-efficient. Our government now pays the highest energy bill in the world. We need to change that. We need to upgrade our federal buildings by replacing old heating systems and installing efficient light bulbs. That won’t just save you, the American taxpayer, billions of dollars each year. It will put people back to work.

Second, we will create millions of jobs by making the single largest new investment in our national infrastructure since the creation of the federal highway system in the 1950s. We’ll invest your precious tax dollars in new and smarter ways, and we’ll set a simple rule – use it or lose it. If a state doesn’t act quickly to invest in roads and bridges in their communities, they’ll lose the money.

Third, my economic recovery plan will launch the most sweeping effort to modernize and upgrade school buildings that this country has ever seen.  We will repair broken schools, make them energy-efficient, and put new computers in our classrooms. Because to help our children compete in a 21st century economy, we need to send them to 21st century schools.

As we renew our schools and highways, we’ll also renew our information superhighway. It is unacceptable that the United States ranks 15th in the world in broadband adoption. Here, in the country that invented the internet, every child should have the chance to get online, and they’ll get that chance when I’m President – because that’s how we’ll strengthen America’s competitiveness in the world.

In addition to connecting our libraries and schools to the internet, we must also ensure that our hospitals are connected to each other through the internet. That is why the economic recovery plan I’m proposing will help modernize our health care system – and that won’t just save jobs, it will save lives. We will make sure that every doctor’s office and hospital in this country is using cutting edge technology and electronic medical records so that we can cut red tape, prevent medical mistakes, and help save billions of dollars each year.

These are a few parts of the economic recovery plan that I will be rolling out in the coming weeks. When Congress reconvenes in January,
I look forward to working with them to pass a plan immediately. We need to act with the urgency this moment demands to save or create at least two and a half million jobs so that the nearly two million Americans who’ve lost them know that they have a future. And that’s exactly what I intend to do as President of the United States.

Thanks for listening.