496 Views

ジョージ・ルーカスの離婚がなければ世界は大きく変わっていた!ルーカスさんが結婚!

おめでたい!独身だったルーカスさんが結婚!

ジョージ・ルーカスが7年越しの交際を経てついに婚約者のメロディ・ホブソンと結婚した。ジョージとメロディは先週末にイリノイ州シカゴのペニンシュラ・ホテルで結婚式を開き、ロン・ハワードやサミュエル・L・ジャクソンなどを始め、多くのセレブが式に出席している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130625-00000001-cine-movi

もしも、ジョージ・ルーカスさんが前妻のマルシア・ルー・グリフィンさんと幸せに過ごしていたら、世界は大きく変わっていたからだ!

1980年代、前妻マルシアさんへの莫大な慰謝料を捻出するために、ルーカスは自らのスタジオ、ルーカスフィルムのコンピュータ部門を売却を決定する。

そして、そのコンピュータ部門を買ったのが、数年で陳腐化するコンピュータビジネスから映画のように100年経過しても愛されるビジネスに憧れを描き、CGがその分野になると確信していたスティーブ・ジョブズだ。

ルーカス本人に500万ドル(慰謝料分)、ルーカスフィルムに500万ドル 計1000万ドル(8.5億円)の買い物であった。

そしてジョブズは、1986年にピクサー社を設立。そしてNeXT社(700万ドル出資、6億円)も設立。

 ピクサーはハードウェアを売ろうとしていたが、制作というビジネスでヒットすることに、NeXT社はハードでビジネスを展開していたが、ソフトへ切り替えざるをえなくなった。

1991年からディズニーに、とある映画の企画を提案し、5,000万ドル(42.5億円 )もの資金を投入しながらも、1995年本格的なCGアニメが生まれた。それが「トイ・ストーリー」だった。

全世界興行収入は3億6195万ドル(307億円)だ。トイストーリー2は4億8501万ドル(412億円)、トイ・ストーリー3は、10億6317万ドル(903億円)に成長している。

1993年からNeXT社はハードウェアから撤退し、不振の時期を迎えるが、その頃のジョブズを支えたのがピクサー社だったといえる。

1996年AppleにNeXTを4億2900万ドル(364億円)で売却し、それとともに、1997年iCEOとして暫定復帰。ピクサーがあるからこそAppleから給料は1ドルしかもらわなかった。

2006年ディズニーにピクサーを74億ドル(6290億円)で売却。それとともに、役員に就任。個人でディズニー最大の株主となる。

ピクサーが無ければ、NeXTもなかった。NeXTがなかったらAppleもなかった。Appleがなかったら、iPhoneもiPadもなく、使いづらいガラケーと陳腐なタブレットが羅列されていたことだろう。

全人類は、ジョージ・ルーカスの離婚に感謝しなければならない。
そして、新妻をめとられた事に心から祝福したいと思う。

ルーカスの慰謝料ために売却されて出来たピクサーだが、2006年からディズニー傘下である。また、スター・ウォーズなどを制作してきたジョージ・ルーカスのルーカスフィルムも、2012年に40,5億ドル(3442.5億円)でディズニーに買収されている。アイアンマンやスパイダーマン、ハルクなどのマーベルも2009年に40億ドル(3400億円)でディズニー傘下となっている。

つまり、ピクサー(元ルーカスフィルム、コンピュータ部門)もルーカスフィルムも、ディズニーの傘下でお里帰りしたわけだ。

この記事に関連する記事