スマホ時代のリアル店舗の活きる道 小売店(物理店)の客数調査をセンサーなしで自動化する Euclid スマホのWiFiシグナルをキャッチ

Toshiaki Kanda 2013年01月06日 日曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 


Euclid

euclid-logo (1)

 

Euclid(http://euclidanalytics.com/)は、Google AnalyticsのUrchinの作者が起こした新サービス。店内にセンサーなどをおくことなく、スマホのWi-Fi信号を検出し、ユニークなMACアドレスを読み取り、個人がどのように店舗に来臨しているかのデータを読み取ることができる。

 

Tokyoは、いやJapanは、このビジネスに最も向いている国だろう!属性分析がしやすいのと、都市が密接化しているので、レスポンスやキャンペーンが米国よりも数段と浸透しやすいからだ。

さらに、ぐるなび や LINE カカオトーク、いろんなサービスとも連携できそうだ。

 むしろ、日本独自の日本語でのサービスを展開したほうが、euclidの日本語化を待つよりも展開がスピーディー。

もうこのビジネスモデルを見た時点で、開発できるサービス提供企業の勝ちだ! euclidをどれだけ日本の世界で一番うるさいエンドユーザーに満足させるサービスへと昇華させるかが鍵だ!

スーパーマーケット、家電量販店、百貨店などの、大きなチェーンを持つ店舗であればあるほど、そのデータがもたらす、個人の来店動向情報は重要だ。

 

リアル店舗が、食べログなどのCGMによって、評価されつくす前に、自らの顧客をデータとして、

しかもスマホサービスと連携していくことが可能なことに目覚めるべきだろう!

ウェブで自らの顧客データがGoogle Analyticsのように読み取れる。

問題は、そのデータを活かして、素早く施策を打つことだ。

そこにはまた、データを見てからのいろんな企画を展開するという新たな新事業の形態が生まれるだろう。

これがスマホ時代のリアル店舗の活きる道であることは確かだろう。

 

 

euclid-overview


小売店(物理店)の客数調査をセンサーなしで自動化するEuclid: スマホのWiFiシグナルをキャッチ

スタンダードサービスは月額200ドルからスタートできるのも、このサービスの利点だ。これなら、単独店舗でも十分参入可能だ。データ分析込みのリアル店舗コンサル提案という代理サービスへの売り方もできるだろう。

 

 

 

 





 

 

Category: typepad
  • 0
  • 129
Toshiaki Kanda