ソニーは、リストラ費用750億円で、1,000社のベンチャー起業を促進させるべきだ!




 

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120412/biz12041215390008-n1.htm

ソニー、今期リストラ費用750億円計上へ 
1万人削減に続き

2012.4.12 15:38 [企業経営
経営方針について説明するソニーの平井一夫社長=12日午後、東京都港区のソニー本社(古厩正樹撮影)

ソニーは(2012/04/12)12日、今年度に行う経営改革にともない、グループ社員1万人を削減するとともに、リストラ費用を750億円予定すると発表した。10日に発表した今期の営業利益目標には影響がないとしているが、これにより今期の最終利益は先細りすることが避けられない。

ソニーは前期の連結最終損益が5200億円の赤字を見込む。営業損益は前期が950億円の赤字だったが、今期は1800億円の黒字に転換する意向。

 

 

ソニーは、グループ社員1万人を削減するとともに、リストラ費用を750億円予定すると発表した。

普通にニュースとしてみると、すごいとしかいいようがないが、電卓を叩いてみると、いろんなことが見えてくる。

1人あたりのリストラ費用は、平均で750万円にしかならないのだ。

年間ではない。

一生分の給与を750万円で辞めてくれと言われるのだ。

これは、ひどい話だろう。

ソニーといえば、優秀な企業だった。ソニーに入社するために努力した人もおり、ソニーもその数倍の応募してきた人間からソニーに必要な人材として獲得してきたはずである。

…であればだ。

いろんな法的な整備も必要であるが、750万円の退職金、10人集まれば、7500万円の資本金で10人でベンチャー1社、起こせる。

なんと、一瞬にして、1,000社のソニー関連ベンチャーが誕生させることも夢でもなんでもない。

しかし、大半の会社が1年くらいで、酸素ボンベを使いはたして、倒産という企業になることだろう。

2年後に生き残った、2割程度(200社)のソニーベンチャーが、2年後に倍(20人)の人材を雇えば、20人で200社、なんと4,000人の雇用を誕生させられる。

さらに、そのうちの2割が上場できるとすればどうだろうか?

1000社から20社の上場(約2%)はそんなに難しい話ではないと思う。

 

ちなみに、国内で上場企業は約3600社
東証一部二部マザーズで 2286社(2012/04/30)

http://www.tse.or.jp/listing/companies/index.html
http://homepage2.nifty.com/com-l/colisting.htm 

株式会社の数は約115万社といわれていますが、そのうち資本金3億円未満の会社が約113万社(株式会社の98.3%)株式会社の大半は中小企業が占めている。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaisya/kaisyahou33/kaisyahou07.htm

日本の企業、個人事業者数は421万社、
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h23/h23_1/110701h23_gaiyou.pdf 

中小企業数(会社数+個人事業者数)は、約419.8万社で、全企業数に占める割合は99.7%
中小企業の会社数は約149.3万社で、全会社数に占める割合は99.2%
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/faq/index.html#Q_101 

※中小企業庁のデータ整理したほうがいいですね。

日本の中小企業を150万社とすると、3600社の上場数というと、0.24%

 しかし、ソニー社で長年飯を食ってきた人のDNAはその約10倍くらい優秀として上場率を 約2%と見積もった。

10,000社のうちの2%の上場率で、

20社が上場でき、100人づつ雇えば、2000人の雇用を誕生させることも可能だ。

それだけでも、6,000人の雇用を生むことができる。

ついでに、あと200人づつ雇えば、一気に10,000人のリストラは5年で解消できる。

ソニーは子会社の上場益でウハウハのはずだ(笑)。

そう、ソニー本社は、図体が大きくなりすぎたのだ。

かつての、ソニーに戻るためには、巨人に打ち勝つベンチャーに戻るしかない。

そのためには、大企業のソニーではなく、町工場のソニー、つまり、ベンチャーからスタートしない限り、活路はない。

ソニーのグループの中で、売上資金が動くだけで、連結決算で考えると、巨額の資金となる(法的な措置が必要だが、どこのベンチャーも最初に社長になると売上をあげる方法としてグループ内、還流型の連結決算を考える)。

1人あたり750万円で、リストラされた人たちも、再就職を考えるよりも、社長、取締役、役員、部長、と一気に、ソニーのロゴがはいった素敵な会社名で、ご近所からは、出世のための、出向とおもわれる世間体も奥さんや、共働きの旦那さんにプレゼントできる。

本当に考えてみて欲しい。

すると、ソニーグループには、かつての創業時代のように、夢にあふれるような、素敵な商品が溢れてくることだろう。

しかし、すぐに潰れるような、ソニータイマーも復活する。

しかし、そのソニータイマーを見越したサービスのベンチャーも登場し、ソニー製品に関するコンサルティングから、カスタマーサービスに至るまで、本体の手のゆきとどかないところへのサービスが復帰してくれるだろう。

かつてのソニーのように。

電機大手の危機 シャープ、ソニー、パナソニックを救うためには… – KandaNewsNetwork
 








< href="http://www.facebook.com/kandanewsnetwork" send="true" width="450" show_faces="true" font="arial">
    
 

 


この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。