//

ダブルネックギターの誘いRickenbacker4080からブライアン・メイ レッドスペシャルダブルネックまで | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tvダブルネックギターの誘いRickenbacker4080からブライアン・メイ レッドスペシャルダブルネックまで | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv
1,733 Views

ダブルネックギターの誘いRickenbacker4080からブライアン・メイ レッドスペシャルダブルネックまで

ダブルネックギターと言えば、ギブソンのSGが、イーグルスやレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジで有名だけど。

Rickenbackerにも4080番というダブルネックが存在している。

しかも、ベース4弦、ギター12弦というセットもある。

Rickenbackerの12弦と言えば、バーズのロジャー・マッギンやビートルズのジョージ・ハリスンのあのキラキラサウンド。

そして、Rickenbackerのベースと言えば、あのサスティンの長いブリブリした音。

その2つが一台のギターで奏でることができる。

やはり、プレイヤーは、プログレ系のベーシストが多い。 6弦のギターとうまくからめるからだろう。

ジェネシスのマイク・ラザフォード

このRickenbackerは、下がベース、上がギターだ。

ホロウボディのRickenbacker660/12をくっつけたようにも見える。

ラッシュのゲディ・リー

こちらは下がギターで上がベース

 

ナチュラルカラーのダブルネックも…。

 

そしてなんといっても、驚愕なのが、クイーンのブライアン・メイのレッドスペシャルのダブルネック!

 

 

しっかり、上が12弦になっている!

Under Pressureでブライアン・メイが実際に弾いている。

 

 



この記事に関連する記事