日本の会社は約583兆円の資金で動いている! ザックリな市場規模!

Toshiaki Kanda 2013年02月16日 土曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 


 

企業を経営していくためには、常に資金が必要だ。

大きな組織になればなるほど、大量の資金があればあるほど、規模をスピーディーにかつ最大化できる。

そこで、企業は資金を調達するために2つの方法を考える。

【1】銀行から借りる   
  銀行は預金者のお金を銀行の意思で企業に融資をする。
  企業は利息を支払う
  企業にとってのこの資金は間接投資
   

【2】市場から資金を調達する 証券会社経由で株券を発行する 株式上場
  投資する人(投資家)は、上場されている企業の株を自由に売買できる。
  企業は利息を払わない。配当金を支払うかどうかを企業側が決定できる
  企業にとってこの資金は直接投資
  出資した人は株主となり、株主総会などにも参加できる
  株主は、配当金等がもらえる権利がある。
  株主は、証券会社を通じて自由に株券を売買することができる
  安く企業の株を買って、高く売れば、証券会社の手数料を引いた金額を収益とすることができる。

 

【1】の銀行は、預金者のリスクを銀行が負担する。預金は減らない。

【2】は、株主となることによって投資家が自らがリスクを負う。投資額が増えるか減るかは企業経営次第。

 

そして、企業が発行している株数×株価が時価総額

【3】時価総額=発行株数×株価

これは企業の価値を物語っている。

企業の買収の際は、これを元に買収額などが計算される

 

間接投資にあたる金額は…

【1】都市銀行の総預金残高 273兆5033億円 2012年全国銀行協会

   約273兆円が都市銀行が融資することが可能な金額だ。
   株式上場していない会社も借りることができる。審査があり利息も発生する。
   組織、法人、上場企業にかぎらず、個人の住宅ローンなどにも銀行は融資できる。 

 

そして、直接投資にあたる金額は…

【2】2012年東証の株式売買代金は、310兆8863億円 2011年日本証券業協会

http://www.tse.or.jp/market/data/v_and_v/index.html

東証一部 306702280 百万円  306兆7022億円

東証二部 910182 百万円    9101億円

マザーズ 3274099 百万円   3兆2740億円

なので、合計で、310兆8863億円

※東証では、成立した取引の売り・買いを一つの取引とした、いわゆる片道数量で表している

 

【4】日本の会社は、約583兆円の資金を元に活動している。

日本の会社は、【1】+【2】の合計 約583兆円の資金を元に活動している。

 

日本の会社は約583兆円の資金で動いている。

一般の人が企業に直接投資できる金額は310兆8863億円 

そのうち、インターネット取引による株式売買代金は112兆5183億円

 





 

 

この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 167
Toshiaki Kanda