ハウステンボスは一年でどうやって黒字になったのか?:ネットバー:ITmedia オルタナティブ・ブログ

Toshiaki Kanda 2011年11月29日 火曜日
0 people like this post

カスタム検索


ハウステンボスは一年でどうやって黒字になったのか?:ネットバー:ITmedia オルタナティブ・ブログ

一つ目は、事務所はテーマパークも含めて『キレイに掃除する』こと。 経験上でレストランや事務所が汚い所で成功している例は少ないそうです。 だからまず朝10分でいいから掃除をしよう。そうすると成功する可能性がたかくなるからと お願いされたそうです。

二つ目は、『あいさつをする』こと。 うまくいっている企業は元気がいい。逆に倒産前の会社など雰囲気が暗い。だから嘘でもいいから 元気に挨拶だけはしよう!とお願いされたそうです。

三つ目は、『動きを二割早くする』こと。 二割売り上げを挙げて、二割経費を削減すれば利益がでます。ただ従業員のことも考えずとりあえず 「経費を削れ」といわれても実践できるものではありません。 だから「みんなの動きを2割早くしよう。」とお願いされたそうです。それなら移動している時や 掃除する時も誰でも意識的に取り組めます。

 

 

★単純化することはとても大切なこと。

この3つのお願いは、社員にとっても無理のない改革。

大阪市の橋下市長の恐怖政治の体制では、北風と太陽のようによけいに守りにはいってしまうような気がする。

澤田社長のこの単純だけど、今日から実行できる改革は、日々重なることにより、お客様の目に確実に目についていく事でしょう。

 


< href="http://www.facebook.com/kandanewsnetwork" send="true" width="450" show_faces="true" font="arial">
    
 

 


この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 19
Toshiaki Kanda