フェルナンデス ストラトキャスター FERNANDES BURNY CUSTOM FST70

Toshiaki Kanda 2013年07月09日 火曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 


フェルナンデス ストラトキャスター FERNANDES BURNY CUSTOM

1977年 高校一年生になり、入学祝いとして買ってもらった最初のエレクトリック・ギター

亡くなった祖母の形見がわりの品。あまり弾かれる機会はなくなってしまったが、30年を越え、40年近い時を重ねた戦友は、本当に枯れた音を奏でてくれる。

40年近くも、実際に使えて価値をずっと現存できるものってそう多くはない。それが楽器の良いところだ。そして、木材を使った楽器は、木の水分が無くなるのと、弦の振動によって円熟していくという。

改造は無し、しかし、高校生の時に、FERNANDESのロゴを少しでもfenderに見せたく、最後の「s」を削ってしまったことだけがずっと後悔。当時のfenderとFERNANDESだとFERNANDESの方が作りがいいという人もいる。
実際に、このギターを購入する時に、同じデザインのフェンダー・ストラトキャスターと弾き比べて見たが、fenderが25万円(…だったはず)、このFERNANDES FST-70が70,000円。

フェルナンデスという会社のすごいところは、過去のカタログをしっかりと掲載してくれているところ。
メーカーで40年前のカタログをウェブで掲載しているところはほとんど見かけることがない。しかし、楽器にとって、カタログ情報は重要だ。
http://www.fernandes.co.jp/catalog/ 

fenderがFERNANDESの3.6本分の音がするかというとそうではなかった。素人耳なのであまり確かではないけれど…。
シェアハウスで手狭になったので、ミュージシャンの虎岩さんに預かってもらっている。

■仕様
●シリアルナンバー/73003
●製造年/1977年
●ボディ/アルダー
●ネック/メイプル
●ピックアップ/アルニコX3

 

 

 

FST70関連リンク

http://www.cloud-guitar.com/pg11.html

http://blogs.yahoo.co.jp/matsukoujyouchou/24014452.html

http://kyotoya.net/blog/gk/log/eid563.html

 

 

 





 

 

この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 1414
Toshiaki Kanda