673 Views

ブルースギターの2人の名演 ”Further on up the Road” 

< left>

ジョー・ボナマッサ VS エリック・クラプトン 編

場所はあのロイヤルアルバートホール。

ブラス隊もはいって豪華なセット。

ジョー・ボナマッサのタイトなレスポールの音色とクラプトンのスモーキーなフェイズの効いた音色。後半のソロはどちらも、ウラのリズムで絡みあうところが絶妙。最後の最後でユニゾンで決まる。この瞬間の心地良さはプレイヤー冥利につきる。垂涎のギタープレイをありがとうございます!

 

ロビー・ロバートソン VS エリック・クラプトン 編

The BAND との共演。

同じ、ペンタトニック系プレイでもこれだけ違います。
クラプトンのメジャー音のちりばめられたプレイと、ロバートソンのオーセンティックなプレイ。 

 

 

エリック・クラプトン VS ジェフ・ベック編

つづいて、かなりお若い頃のお二人。

円熟味で勝負する今のクラプトンと、ヤク中地獄から帰還した頃のクラプトン。プレイが若いですw

それに対して、唯一無比のギタープレイのジェフ・ベック。誰が聞いてもベック色満載!

 

 

 

Hotei vs Char – Stereocaster

曲は、まったく違うけど、ベックとクラプトンを合わせると、Charさんになります。

そこに、布袋さんのギターが入るとさらに進化して絶妙! …ということで、この曲もエンベッド!

 



 iTunes Store(Japan)