1,047 Views

#ポールマッカートニー 5/21武道館ライブをやるための条件 #PaulMcCartney

スポンサーリンク





NHKの報道、「公演また中止」と言われてしまえばそれまでなんだけれど…。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140518/k10014533211000.html

次の日本公演での予定が決まっているのは、2014年5月21日(水)の武道館と24日(土)のみであり、追加公演などの詳細はまだ発表となっていない。

昨日(2014年5月17日土)の公演が2014年5月19日(月)へ延期と発表されたが、それも中止となってしまった。

都合、2日+1日(延期中止分)、合計3回分の公演が中止となってしまった…。

ポールに一体何が起こっているのか…。この2日間、国立競技場に出向いてみて、感じたのが、コンサート参加者がポールの公演が中止になったことよりも、ポールの身上を心配している事だ。

昨日の段階で、今日と明日を行う予定だった事を考えると、昨日よりも今日の病状が良くないことは定かである。

大事をとって、明日を中止にして、5月21日(水)の武道館と24日(土)で望むつもりだ。プロモーターもポール側としても、屋外でできる場所を来日中にぜひと考えていることだろうが、今のところ会場が仮に抑えられたとしても、武道館の状況を観てからでないと発表できるものでもない。

また、現実的にスケジュールを考えてみても、韓国ツアーが、5月28日(水)から始まるのだ。日程的に考えても5月25日(日)26日(月)しかない。それで移動→リハ→公演はどう考えても無理だ。関西を2daysにしたとしても、東京での中止分は地理的に補えない。

なので、日本での新たな追加公演を期待することは無意味である。

ポール・マッカートニー国立競技場公演に関しての、振替、延期、中止、及びチケットの払い戻し等のご案内は決まり次第、下記のオフィシャルサイト・テレドーム等で発表させて頂きます。
お手元のチケットは、そのまま大切にお持ちくださいますようお願い申し上げます。

・オフィシャルサイト http://outthere-japantour.com/
・テレドーム 0180-99-3335

主催者発表は、残酷すぎる。振替できるはずがないからだ。
さらに、払い戻しさえも中止しているのだ。

なお、5月17日(土)公演のチケットをお持ちのお客様を対象に、チケットの払い戻しに関するご案内を致しましたが、5月19日(月)振替公演の見送りを受けて、一旦払い戻しを中止させて頂きます。
チケットの払い戻しに関しましては、今後、振替・延期・中止の詳細が決まり次第、改めてご案内させて頂きますので、
お手元のチケットはそのまま大切にお持ち下さい。

 

本日(2014年5月18日)の会場外では、サウンドチェックが無い時点で、いろんな憶測が流れはじめていた…。

昨日までの状況は、ヤフーニュースに寄稿している。

#ポールマッカートニー 公演延期、現場で聞いたその瞬間!

#ポールマッカートニー 延期の機会損失金は約3億円、遠征組の社会損失2億7,500万円   

15時がすぎ、開場時間の15時半がすぎ、昨日とまったく同じ状況だ。そして16時が過ぎた…。

入り待ちの人の大半が、本当は、ダメなんだろうという気持ちを抱きながら、少しの可能性に賭けてみるという不安と苛立ちの時間を迎えていた。

 本日5/18日の中止の案内は、5/17土よりも遅く、16:20分だった。
開演時間の70分前だ。

なぜ、昨日よりも、さらに発表が遅れてしまったのだろうか?

サウンドチェックなしで、病み上がりのアーティストを本番で、プロモーターは、やらせるつもりでいたのだろうか?

さすがに礼儀ただしいファン層も、昨日とはちがって、発表の遅さにイラついた。しかし、それ以上にポールを心配する想いの方が優っていた。

明日(2014年5月19日)の延期公演を中止にしたのは正解だと思う。また、同じような結果で中止とするワケにはいかない。

もしかすると、武道館も大阪も開催予定としているのであれば、少なくとも公開リハーサルを前日(2014年5月20日火曜日)の武道館でプレスを集めて開催すべきだろう。

その姿をメディアに見せるのは、水曜日の武道館の公演を担保するためではなく、まずは、心から、心配し続けている日本中のファンに対しての安心してもらうことである。 むしろ、明日でも明後日でも、いいメディアの前に回復するポールの姿を露出させるべきだ。

それさえ、不可能な状態で、武道館を強行すべきではないとボクは思う。

今回、ポールは日本公演向けに、奥様ではなく、ロボットの「ニューマン」と来日した。そして、PVも日本公演に合わせて公開している。きっと日本のステージでも共演の演出が考えられていたはずだ。

「Appreciate」のミュージックビデオに登場する“ニューマン”で、全長はおよそ2メートル50センチ。今回の日本ツアーにも登場する予定で連れてこられた。なぜか? Microsoft Presents だ。

 

そして、バンド・オン・ザ・ランの歌詞バージョンビデオも、まるで、日本人のための歌詞の世界の学習のためにあるようなLyric Videoだ。

 20世紀の生んだ世界最高峰のアーティストであり、クリエイターである、ポール・マッカートニーが、今この日本で病床にあるというのが事実だ。

歩く人間世界国宝である Sir Paul McCartney ご本人も、単なる職業的なプロフェッショナリズムで、自ら過酷な舞台へと導くのではなく、ここは勇気を持ち、My brave face として辞退することを考えてもいいのではないか?
日本のファンはあなたが、元気になってくれることを、コンサートの開催よりも望んでいるからだ。

このツアーのスケジュールを見るだけでも、気が遠くなるほどだ。ご自愛ください。もうすぐ御年、72歳になられます。

2014年4月19日(土) モンテビデオ Estadio Centenario (ウルグアイ) 
2014年4月21日(月) サンチアゴ Movistar Arena(チリ) 
※ウルグアイからの荷物トラブルの為、4月23日(水)へ延期 
2014年4月22日(火) サンチアゴ Movistar Arena(チリ) 
2014年4月25日(金) リマ Estadio Nacional (ペルー)
2014年4月28日(月) キト Estadio de Liga (エクアドル)
2014年5月1日(金) サンホセ Estadio Nacional (コスタリカ)
2014年5月2日(金) エレディア Estadio Nacional (コスタリカ)

2014年5月15日(木)18:02 チャーター機で成田空港到着
2014年5月17日(土) 東京、国立競技場(National Stadium) (日本)
※中止 5月19日(月)へ延期
2014年5月18日(日) 東京、国立競技場(National Stadium) (日本)
※中止 振替公演未定
2014年5月19日(月) ※5月17日の振替公演 ※中止 ※振替公演未定
2014年5月21日(日) 東京 日本武道館 (Budokan) (日本)
2014年5月24日(土) 大阪、ヤンマースタジアム長居(Yammer Stadium Nagai) (日本)

2014年5月28日(水) ソウル、チャムシル総合運動場(Jamsil Sports Complex Main Stadium) 
2014年6月 上海(中国)予定
2014年6月 香港 予定
2014年6月19日(木) ニューオリンズ New Orleans Arena
2014年6月26日(木) ルイビル Yum! Center (アメリカ・ケンタッキー州)
2014年7月5日(土) アルバニー Times Union Center (アメリカ・ニューヨーク州)
2014年7月7日(月) ピッツバーグ Consol Energy Center (アメリカ・ペンシルバニア州) 
 http://www.paulmccartney.com/

 

スポンサーリンク




この記事に関連する記事