【マネージメント・リーダーシップ】本社の役員が視察に来る日に、あなたが部下へ伝えるべき言葉

Toshiaki Kanda 2014年04月14日 月曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 

 【マネージメント・リーダーシップ】本社の役員が視察に来る日に、あなたが部下へ伝えるべき言葉

唐突なハナシだが…。

「今日は本社の役員さんが来るから!」と、朝から叫びちらす上司を見たら、部下であるあなたはどのように感じるだろうか?

そこで、上司の置かれている立場に、「自分事として取り組む」。

おそらく、上司は、その本社の役員に、良い所を見せようと考えていることだろう。自分の手柄も当然があるが、支社における全体ブランディングも少しは脳裏にあることだろう。

しかし、大多数の部下は、その上司に対してこう思う。

「今日、この場でバタバタしたところで何も変わりませんよ」「いつも出来る限りのベストを尽くしているのに、なぜ?…」

これは、もうコミュニケーションのギャップを産むという最高のケーススタディとなってしまう。

そこで、上司となったあなたは、ぜひ言葉を変えてみるべきだ。

 

「今日は、本社の役員が来られるので、みんなの、
いつもどおりの仕事ぶりでお願いします!」

と激励するだけでいい。

上司にこう言われたあなたは、普段どおりのパフォーマンスで仕事をするだろうか?

思わず、いつもの仕事ぶりは、これだけスゴイ!というパフォーマンスをみせたくならないだろうか?

結果として、後者の言葉を選んだ上司は、想像以上の評価を役員に得られるだろう。

同じ効果を求める言葉でも、発する前に、その言葉を聞いた人の立場になって考えて発したほうがいいことは多々あるのではないだろうか?

たった一つの言葉を選ぶだけで、あなたは会社のパフォーマンス向上に多大なる寄与ができるのである。

上司は部下に対して、最大限の言葉を選ぶ努力を怠ってはいけない。

 

スポンサーリンク



Category: management
  • 0
  • 30
Toshiaki Kanda