「ヤフーにいては、動けない」 50万ユーザーのmixiアプリ「ぼくのレストラン」の挑戦 (1/2) – ITmedia News

開発したのは、公文善之さん(34)と安徳孝平さん(38)が6月に創業したSynphonie (シンフォニー)だ。2人とも4月にヤフーを辞めたばかり。「ヤフーと勝負できる会社を作りたい。そうでないと残してきた人たちにも失礼」と、公文さんは決意を述べる。

via www.itmedia.co.jp

「残してきた人たちにも失礼」はちょっと失礼だけど、それぐらいの意気込みがt必要。
しかし、
「ちょっとしたサービスも、やるかやらないかを決めるのに半年、立ち上げるまでに1年かかる」
これは、もう大企業病。
選択は正解。

運用の得意な人にYahoo!はまかせて新たなサービスを期待します。

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。