リクナビのインフォグラフィックス「はたグラ」から見る働く人たちの動向グラフィクス

Toshiaki Kanda 2013年10月01日 火曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 


リクナビNEXTキャンペーンに参加中

 

リクナビが、「はたグラ」という仕事にまつわるインフォグラフィックスを、提供している。この「はたグラ」は、転載と再配布がフリーだという。

『はたグラ produced by リクナビNEXT』トップページ http://hatagra.tumblr.com/

このインフォグラフィックスの元データは、日本能率協会グループの「第1回『ビジネスパーソン1000人調査』働き方に関する意識」(2013年6月実施)と、 特定非営利活動法人しごとのみらいの「これまでの経験に関するアンケート調査」(2011年11月実施)を元に作成されている。

ドメインを見てわかる通り、tumblr.comで作られている通り、共有されることを前提にしている。

 

例えば、この20代と40代の仕事感をみてみると、今までのイメージと大きく違うことが一目瞭然だ。

20代が職場環境を重要視するが55%で、40代が仕事内容を重視が57.2%は、イメージどおりだが、20代のチームワークを51.3%が重視し、40代が62.6%も個人の裁量を重視しているのは意外だった。

集団行動が苦手とする20代と個人活動を苦手とする組織人の40代が真逆である。

さらに、20代の手に入れたいものでのお金がたったの9%も意外だ。40代のお金が20%はシビアな選択なのだろう。

 

調査データは、社会を映し出す鏡であるが、どんな鏡で見ているのかも需要だ。データは正直に社会を映し出すこともできるが、都合よく曲げて伝えることもできるからだ。

調査母数 N数
調査手法 などで特徴を捉えた上で活用するのが望ましい。
それにより、バイアスのかかりぐあいも想定できるからだ。
このインフォグラフィクスは、データの出典も明記されているので、使い勝手がいい。できれば、出典元のURLもembedしておいてもらいたいものだ。その方がデータの信頼度は高まる。 

第1回「ビジネスパーソン1000人調査」働き方に関する意識アンケート結果 
http://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=212 

調査名称:ビジネスパーソン1000人調査
調査期間:2013年6月21日(金)~26日(水) 6日間
調査対象:(株)日本能率協会総合研究所「JMARリサーチモニター」のうち全国の18歳~69歳までの有職者(パート・アルバイト、医師・弁護士などの専門職業、自由業を除く)
調査方法:インターネット調査
回答者数:1,000人(内訳:男性751名、女性249名)
情報ソース元 

「仕事に対する意識とこれまでの経験に関するアンケート調査」
特定非営利活動法人しごとのみらい
http://shigotonomirai.com/release/2260/

サンプル:164
調査期間:2011年11月1日~2011年11月30日
調査方法:インターネット調査

この情報ソース元を見ることによって、
Q4.の仕事のスキルと信頼を重んじるをQ1-3と同列で表記するのは少し、乱暴であることがわかる。

ともあれ、この「はたグラ」は、始まったばかりであり、いろんな角度から見えて来なかった日本のビジネスマンの姿を、データを元に正確に楽しく、知的エンタテインメントとして提供していってほしい。

何よりも、転載と再配布がフリーという、今まで黙認状態のデータ市場にはじめて「商業利用、改変なければご自由にお使いください」というクリエィティブコモンズマークが採用された。この流れはぜひとも成功させていただきたい。

▼『はたグラ produced by リクナビNEXT』トップページ http://hatagra.tumblr.com/
▼『リクナビNEXT』トップページ
http://next.rikunabi.com/
▼リクルートキャリアについて
http://www.recruitcareer.co.jp/


Category: typepad
  • 0
  • 218
Toshiaki Kanda