570 Views

レーシック手術体験レポート(2)ノートパソコンよりも安く視力が得られる!?KNN 神田敏晶

HootSuite - Social Media Dashboard



 

 

KNNポール神田です。

いよいいよ、手術当日。

新宿の神奈川クリニック眼科新宿院にいくこととなった。
http://ganka.kanacli.net/ >

やはり、驚いたのが、品川クリニックと同じ検査をしてもらってもデータがかなり違うこと。視力といえば、片目ずつ、黒い眼隠し棒を当てて、上から検査していく。

実際に見ているかどうかの状況を「なんとなく右のような気がする」とか「下にみえる」とかなりファジーな状態で伝えるが、検査師の記録には、YESかNOでしか記録されない。だから、ファジーな答えで見えようとするよりも、はっきりと見えないものは見えないと宣言したほうがいい。

ところが、それで検査してもらっても、細かな乱視チェックや、レンズがあっているかどうかの、緑と赤のどちらがハッキリ見える? という質問は、ハッキリを定義するものがなく、相対的な判断なので、かなり数値が変わってくる。

ただ、レーシック手術となると、そのデータをもとに、角膜の表面を薄くスライスして、フラップというふたを作り、角膜の実質層にエキシマレーザーを照射して、角膜を調整し、近視を治療するので、そのデータが医院によって違うということは、見え方に差が出てきて当然かと思う。

しかしながら、角膜を削って治療するわけなので、どちらが正確なのかというのは、サードオピニオンをとらないとわからない。これもまた、3〜5時間も検査だけでかかるのだから大変だ。

神奈川眼科の待ち合わせ室においてある、平成17年発行の書籍「CR-LASICで視力アップ! 感動を伝えたい120人」という、たった3年前の本を見て驚いた。その料金表である。

ボクが今回受けるCR-LASIKという手術は、両目で3年前は50万円であった。それが現在、98,000円、ネット割引でさらに88,000円だ。1か月2,400円かかるワンデーアキュビューの3年分だ。残りの人生を考えてあと3年以上生きるならば、CR-LASIKの方が安くなるという計算だ。

その本の料金表、平成17年発行であるが、2005年6月現在料金とされて、
CR-LASIK 両眼50万円
イントラ 両眼60万円
ウェーブフロント社 両眼70万円
である。

現在と比較すると、
http://ganka.kanacli.net/price/index.html >

CR-LASIK 両眼50万円が88,000円、ということは、412,000円の値下げであり、3年=36ヵ月で考えると、1か月あたり、1万1,444円値下がりしていることになる。イントラで、14万8,000円なので、45万2,000円(1万2,555円/月)値下げ、ウェーブフロントで22万なので、48万(1万3,333円/月)値下げということになる。

これからも同じ比率で値下げされることはないだろうが、より高い技術が機械の減価償却などにより、安く受けられるという可能性は増えてくるだろう。

ポイントは、老眼が進みすぎる前という場面かもしれない。ボクも近くの世界がヤバくなりかけてから、レーシックを意識しはじめた。それからでもこの値下がりで10万円以下なのだから、もう手術を選択しない手はなかったわけだ。

ノートパソコンよりも安く、視力が手に入れられるのだ! 大丈夫? と聞かれると、3年前は50万円の技術。しかも失敗率は1/250人! 宝くじより失敗率の確率が高い(1億円以上の当選確率は約333万分の1)が、ここはチャレンジしないことにははじまらない。

さて、いよいよ手術だ。

誓約書に名前をと渡され、印鑑を押した。「イントラレーシック用」と書かれていて、「CR」なんですけど?と聞くと、キレイな井上和香風の女性受付員さんから、自信たっぷりに「大丈夫です(笑)」と言われた。胸には「見習中」の文字が…あったが)

そして、医師の「神田さんの場合は角膜がかなり厚く、万一(1/250人だが)失敗しても再手術が可能ですからCRでも問題ないでしょう」との判断。(品川クリニックでは、40歳以上にはオススメできないといっていたが…)

この角膜、平均の人の2倍近くあるので安心していたが、そのデータも医院によって全く違うから、いい加減なものだ。しかし、普通の人はそんなことを知らずに、ひとつの医院の医者の言葉に絶対の信頼をおいてしまう。

「神田さん、でも誓約書はイントラですよね?」と聞かれ、ドッキリする。先生が電話で確認する。するとさっきの、井上和香ちゃんがやってきて、「すみません、こちらでお願いできますかぁ?」とCRレーシック用と書かれた誓約書を持ってきた。

その時の井上和香のキレイな表情ほど、ボクに危険を感じさせる笑顔はなかった。

 

レーシック手術体験レポート(3) いよいよ手術/神田敏晶 – KandaNewsNetwork
 

< href="http://www.facebook.com/kandanewsnetwork" send="true" width="450" show_faces="true" font="arial">
    
 

 


この記事に関連する記事