268 Views

ヴォーグ.com のFlipboardに4Kテレビの明日を見た!

スポンサーリンク


 


 

https://flipboard.com/section/vogue.com-bgTkZs

 

ヴォーグのflipboard 電子書籍のフォーマットとして、floboardは4Kテレビ向けにチューンすると4Kテレビが販売しやすくなると思う。

現在の地上波放送を誰も4Kで見たいなんて思わない。 雑誌メディアこそ、4Kテレビに注目すべき。

そして、鍵はHDMIを制すること。 HDMIにジャックインするChromecastのようなもので4Kクオリティにチューンされたデバイスが4,000円以下で登場する。

雑誌を印刷せずに配信でき、当然、音楽やSEなどの追加も考えられる。 制作フローも変化するだろうし、モバイルでもシームレスという環境も必要だ。

雑誌媒体なのかテレビなのかウェブなのか…。 それはもう、デジタルコンテンツの前では、不毛の「従来パッケージ論」となる。 誰も、コンテンツのパッケージになんか興味が無くなる。

ラジオであれ、テレビであれ、新聞であれ、雑誌であれ、すべてが、同じ土壌でインターネットの元では、語られるべき時代に我々は立っているのだ。  戸惑っているのは、プロバイダー側だ。ユーザーは新たな経験をしたがっているのに。  

これは大きな意味での機会損失だ。メディアのブランドがあるうちに勝負しなければ、新進気鋭のウェブ媒体に、メディアザウルスが滅ぼされるのも時間の問題。  アメリカがすでに大手20社のメディアのうち半分はウェブメディア出身に。メディアの歴史はいま、史上初めて大幅に塗り替えられようとしている。

 

 

この記事に関連する記事