909 Views

一口で2度美味しい、広告代理店向け企画!雑誌広告&タブレットアプリの連動広告。しかし、謙虚な広告代理店。

スポンサーリンク


 



もう、とにかく、見事といえるクリエイティブ。

雑誌とタブレットアプリとの連動企画。

どちらも併用することによって、新たなユーザー体験が得られる。

これでクルマの購入には即、つながらないかもしれないけれども、確実にブランド価値感は変化する。

さらに、裏面が映らないためにも、両面広告出稿しているところも見逃せない。

雑誌2P広告枠×雑誌媒体数 + タブレットアプリ制作費 + プロモーション 

それだけでなく、このようなブログによるYouTube拡散や、広告手法としての取り上げられ方など、プライスレスな部分も多い。

残念なのはどこの代理店が仕掛けているのかがわからない。これもったいない…。謙虚な広告代理店。

http://youtu.be/c23KyaGXQD0

レクサスが、米国で実施している広告が話題になっている。アップル社の携帯タブレット端末、「iPad」と雑誌を連動させた新しい広告だ。

この広告はレクサスが10月10日、新型『ES』をアピールする目的で発表したもの。米国の有名雑誌、『スポーツイラストレイテッド』とタイアップ。10月15日発売の最新号に、新型レクサスESの広告を掲載した。

この広告ページの下に、iPadを置き、iPadの再生ボタンにタッチ。すると、音楽に合わせてレクサスESのヘッドライトが点灯。続けてエンジン音とともにタイヤが回り始め、あたかも新型ESが走行しているかのように見えるのだ。さらに、ダッシュボードの車載インフォテインメントシステム、「Enform」をはじめ、新型ESの特徴が紹介される。

この広告は、「CinePrint」と呼ばれる最新技術によって可能になった。レクサスのブライアン・スミス副社長は、「この広告はメッセージを伝えるだけでなく、静的な雑誌広告にインタラクティブな動きを与えることができる」とコメントしている。

http://www.rbbtoday.com/article/2012/10/31/96945.html

http://wired.jp/2012/10/25/lexus-cineprint/

スポンサーリンク




 

 

この記事に関連する記事