世界最薄7.7ミリ ドコモ、スマートフォンの新モデル発表 – 携帯電話 – デジタル

NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の「MEDIAS(メディアス)N-04C」は厚さが7.7ミリで、ドコモによると世界最薄。重さも105グラム超軽量だ。それでいて、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信の機能を装備し、約500万画素のカメラは撮影間隔1.1秒の「クイックショット」に対応している。

 「日常生活を快適に過ごすための機能がぎっしり詰まったモデルです」(山田隆持社長)。OSはアンドロイド2.2だが、夏には2.3にバージョンアップするという。発売は3月15日で、4日から予約受付を始める。

 ソニー・エリクソンの「Xperia arc(エクスペリア・アーク)SO-01C」は、OSに最新のアンドロイド2.3を搭載する。「操作や画像処理のスピードがとても速く、ビジュアル・エンターテインメントマシンとして楽しめます。サクラピンクの美しいカラーも用意しており、女性にぜひ使ってもらいたい1台」(同社長)としている。発売は3月24日で、4日から予約受付を始める。

 もう1台の「Optimus Pad(オプティマス・パッド)L-06C」(LG電子)は、通話ができないタブレット専用端末。1ギガヘルツのデュアルコア・プロセッサと、最新のタブレット用OSであるアンドロイド3.0を搭載し、8.9インチの大画面を快適に操作できるのが売り物だ。「620グラムと片手で持っても軽く、バッテリーも大容量。映像や音楽、電子書籍をいつでもどこでも楽しめます」(同社長)という。発売は3月下旬で、15日から予約受付を始める。

 昨年秋から急速に普及し始めたスマートフォン。NTTドコモが今年1月の販売実績を分析したところ、女性やシニア層のユーザーが増え、ビジネスユース中心という従来のイメージに変化がみえるという。新モデルは機能だけでなく、デザイン性も重視しているのが特徴のようだ。山田社長は「女性の方にもぜひ使ってもらいたい。今回の機種は、より幅広い層の方に支持してもらえると自負している」と強調した。

【MEDIAS N-04C】
高さ×幅×厚さ:127×62×7.7(最厚部8.7)mm、質量:105g、メインディスプレー:4.0インチ/480×854/フルワイドVGA/262,144色、OS:Android 2.2、外部メモリ:microSDHC 32GB、カメラ機能:CMOS/記録画素500万、ワンセグ:○、おサイフケータイ:○、赤外線通信:○、Wi-Fi:○、カラー:メディアスブラック/メディアスホワイト

【Xperia arc】
高さ×幅×厚さ:125×63×10.9(最厚部11.4)mm、質量:118g、メインディスプレー:4.2インチ/480×854/フルワイドVGA/16,777,216色、OS:Android 2.3、外部メモリ:microSDHC 32GB、カメラ機能:CMOS/記録画素800万、ワンセグ:×、おサイフケータイ:×、赤外線通信:×、Wi-Fi:○、カラー:サクラピンク/ミッドナイトブルー/ミスティシルバー

via www.asahi.com

「50歳以上の15%がスマートフォンを購入している」そうだ。
今の50歳は、かつての40歳と変わらないのかも…。
石野真子さんを持ってくるところも、80年代アイドルに反応する層ねらいかも…。

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。