605 Views

今回も心が踊らなかったAppleの発表会 2013年10月22日

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 


 

http://www.apple.com/jp/apple-events/october-2013/

新製品がいろいろと発表となった…。

http://store.apple.com/jp 

しかし、なぜか心が踊らなかった…。

スペックの若干のアップと、価格の値下げのオンパレードだからだ。

発表会をわざわざ、やる意味あるんだろうか?

成熟している製品だから仕方ないとはいえ、心踊るような製品を密かに期待していた。いや、し続けている。

通信会社とこれだけつながっているんだから、4G LTE 仕様のMacBook ProとかMacBook Airもオプションでいいので出してほしいところだった。ノートパソコン使う度に、Wi-Fiスポットへ行くとか、モバイルルーター引っ張りだしたり、7GBの壁を気にしながらのテザリングも面倒だ。今どき、いつでもどこでもつながらないノートなどありえない。

PanasonicのLetsnoteでさえ、開けばWi-MAXでいつでもネットにつながるというのに…(泣)。

 

iPad

ボクはあまり、Retinaにこだわっていないので、軽さを優先したiPad mini の高スペックバージョンを期待していた。しかし、軽いiPad miniはA5プロセッサだ。わずか23gだからiPad miniのRetinaでもいいだろう。

ただ、このminiの画面でRetinaの高精細度が、シニア眼になっていて堪能できるのかの自身はない。しかし,Retinaになることによっての重さが23gで治まったことは凄いことだろう。

むしろ、気になるのが、iPad Airだ。

iPad Air の469g と薄さに関しては、実際に手で持つともっともっと軽く感じることだろう。

…なので、iPad mini 狙いだけど、iPad Airも触ってからの検討だ。

しかしだ。Airは良さそうなんだけど、感動しないのだ。

かつて、ソニーのウォークマンは2になった時には、カセットテープよりも小さくなるという衝撃を与えてくれた。それを期待しているから、心が踊らないのだ。発表をチェックしながら、いつも、ため息ばかりだ。

トラッシュボックス型のMac Proが価格も発売時期も発表となった。それはいいとして、問題はあの大きなオカモチスタイルのMacProがなくなってしまったことだ。iPad2だけはしつこく残っているというのに…。

MacPro

MacProを導入すると、想像できるのが、タコ足配線地獄だ。

ストレージは標準で256GBしかない。現在のオカモチ型でフルに2TB×4=8TBでも不足しているのに…。当然、Thunderboltで6台まで接続するとしたら、それらの外部HDDの電源コードがいる。現在のオカモチMac Proなら電源コードひとつで解決しているのに…。

あと、気になるのが重量だ。なぜ、スペックに重量が書かれていないんだろう?ずっしりと重たいのだろうか?

アイデアがひとつある。

取っ手をつけてほしい。すると電子ジャーポットのように持ち運び移動できる。すると3kgくらいまでかな。

そして、MacBook ProやMacBook AirやiPad をモニター出力装置として使うのだ。 Mavericksのマルチディスプレイならできそうだ。

最高のスペックでオフィスでなく作業できるのだ。ワイヤレスだから電源さえ確保できればMac Proは目立たないところにおいて使えばいい。

OS X Mavericks

そして、ただいま、OS X Mavericksをダウンロード中。5.29GBもあるので、相当の覚悟でダウンロードだ…

でも、まだまだ OS X シリーズだ。おそらく最後のX で10.9 

ここは、来年2014年の6月WWDCの OS XI 発表に期待だ!

かつてのSystem 7 のような感動はもうないんだろうか?

次の OS XI  でガラっと変わってiOSもMacOSで走るとか… すると、モニタの前で指をかざしたり視点入力とか…。テレパシーとかGoogle GlassとかRingで…。iWatchかな?

妄想はつきない。

 


スポンサーリンク





  

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク