927 Views

何の意味? EBITDA GAAPベース DD(Due diligence) デューディリジェンス

スポンサーリンク


 


 

EBITDA(イービットダー イービットディーエー)

EBITDAは、earnings before interest, taxes, depreciation, and amortization の頭字語である。日本語にあえて訳せば利払い前・税引き前・減価償却前・その他償却前利益(りばらいまえ・ぜいびきまえ・げんかしょうきゃくまえ・そのたしょうきゃくまえりえき)あるいは金利・税金・償却前利益(きんり・ぜいきん・しょうきゃくまえりえき)などとなるが、訳語が定まっていないため「EBITDA」と表記されることが多い。「EBITDA」の読み方も、「イービットディーエー」、「イービットダー」、「エビータ」などが用いられ、一つには定まっていない。 なお、石油掘削会社や鉱山会社の場合、「探鉱費」を加えたEBITDAX(Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation, Depletion, Amortization and Exploration Expenses)という指標もある。税引前利益+支払利息+減価償却費+探鉱費を指す。

EBITDAは次の式で求められる。

EBITDA = 税引前利益 + 特別損益 + 支払利息 + 減価償却費有形固定資産償却費と無形固定資産償却費の合計)

EBITDAを売上高で除した値はEBITDAマージンと呼ばれる。

 

 

GAAP(ギャープ)

業の財務会計の作成と報告を行うルールとして定められた”Generally Accepted Accounting Principles”(一般に(公正妥当と)認められた会計原則)の略称である。この会計ルールには各国ごとに違いがあり、「日本の会計原則」とか 「US-GAAP」といった、国を指定して使われることが多い。

 

 

 

 デューディリジェンスとは、投資家が投資対象の適格性を把握するために行う調査活動全般のこと。
ある行為者の行為結果責任をその行為者が法的に負うべきか負うべきでないかを決定する際に、その行為者がその行為に先んじて払ってしかるべき正当な注意義務及び努力のことで、転じて投資M&Aなどの取引に際して行われる、対象企業や不動産・金融商品などの資産の調査活動である。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

  

この記事に関連する記事