//

出版デジタル機構、紀伊國屋書店「Kinoppy」に電子書籍コンテンツを提供 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv出版デジタル機構、紀伊國屋書店「Kinoppy」に電子書籍コンテンツを提供 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv
499 Views

出版デジタル機構、紀伊國屋書店「Kinoppy」に電子書籍コンテンツを提供

スポンサーリンク


 


p> 

マルチデバイス対応のKinoppy が対応してくれることにより、日本の電子書籍化がかなり推進される。
やはり、日本の出版はこのような支援策がないことにはアクセラレートしないんだろうなぁ…
 kinoppyに対応すると同時に、他のプラットフォームにも同様のことが提供がなされることと思われる。
 
 問題は、いくらで卸価格を設定するのかということ。
Amazonの要求する金額で話はついているのだろうか?

そのあたりが気になるところ…。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121029_569400.html

2012 年 10 月 26 日
報道関係者各位
株式会社出版デジタル機構
代表取締役社長 野副正行
www.pubridge.jp
出版デジタル機構が紀伊國屋書店と契約締結
Kinoppy での電子書籍提供が決定
株式会社出版デジタル機構(東京都千代田区神田神保町)は、株式会社紀伊國屋書店(東京都目
黒区下目黒)と契約し、出版デジタル機構がお預かりし提供するコンテンツを配信、販売すること
で合意いたしましたので、お知らせいたします。
出版デジタル機構は、電子出版ビジネスの市場を拡大し、新規参入を促すインフラとして設立、
当初より電子書籍制作と配信のサポートを最優先課題の一つと考え、力を注いでまいりました。
この度の紀伊國屋書店との合意により、出版デジタル機構が提供する電子コンテンツを紀伊國屋
書店で配信・販売し、同社の電子書籍アプリ「Kinoppy」で閲覧することができるようになります。
経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業(緊デジ)」によって電子化されるコンテンツだけではな
く、既に電子化されているコンテンツにおいても、EPUB フォーマットを中心に配信していく予定
です。
なお、出版デジタル機構はあらゆる電子書店と等しくお取り引きさせていただくことを目標とし
ており、紀伊國屋書店への配信、販売はその第一弾となります。
すでに発表いたしました取次・配信システムは、株式会社ビットウェイとの協働構築が完成し、
現在、最終的な調整を行っており、テストが完了次第、稼働開始いたします。
<株式会社出版デジタル機構について>
商号:株式会社出版デジタル機構(サービス名称:パブリッジ)
所在地:東京都千代田区神田神保町 1-3 冨山房ビル 3 階
代表取締役社長:野副 正行
設立:2012 年 4 月 2 日
資本金:39 億 2800 万円
URL:www.pubridge.jp
<株式会社紀伊國屋書店について>
商号:株式会社紀伊國屋書店
所在地:東京都目黒区下目黒 3-7-10
代表取締役社長:高井 昌史
設立:1946 年 1 月 16 日
資本金:3600 万円
URL:www.kinokuniya.co.jp

スポンサーリンク




 

 

 

この記事に関連する記事