382 Views

勝手広告




Google











勝手広告について、企業側はどういう意見を持っているのだろうか?一度広報担当者や法務担当者に聞いてみたい。

権利関係や著作権の問題もそうだが、ユーザーおよび消費者が勝手に宣伝してくれるのは、今までは口コミ(WOM)として浸透してきた。
しかし、YouTubeなどで公開した時点から、メディアとしてのバイラル広告として勝手に広がる懸念が出てくる。メリットとデメリットが大きく関係する。

まだ、大問題は起きていないが、CMクリエイターたちが、素人動画風にCMをアレンジしはじめる傾向さえ出てきている。

作品としてのクオリティと自社ブランド、メディアに対しての企業の姿勢が勝手広告は一番現れる事象かもしれない。

このエントリーに、残っている動画があるとすると、企業が「勝手広告」を黙認しているのか、検討しているのか、または存在を知らないのかのどれかだろう。

大正製薬 リポビタンD

シャープ アクオス

ハウス食品 公共広告機構




リーバイスのUNBUTTONED.TOWNのキャンペーンのような、ツールを提供し、さらに優秀者には、YouTubeのキャンペーンチャンネルに採用するという新たな、企業ジェネレーテッドの勝手映像も登場しはじめた。



映像編集用のウェブアプリケーションも提供されている

ピクチャ 6.png

ブルース・リー DVDボックス



カンタンCM作成サイト コマーシャライザー




番外編
ロボコップVSターミネイター 編集スゴスギ!