大臣に見習って欲しい、石原慎太郎都知事の失言リカバリー力

Toshiaki Kanda 2011年12月19日 月曜日
0 people like this post


 

   

 

 

 

    カスタム検索
 

 

失言によって、続々と大臣が職を辞される。

この大変な時期に、下手な比喩やレトリックを使うことによって、国会の時間も無駄に使われてしまう。

ぜひ、そんな事態には、石原慎太郎都知事の失言まとめをみて欲しい。

石原都知事は、何度やめても、やめきれないほどの失言を繰り返している。

実は、失言そのものが問題なのではなく、失言をリカバリーできない大臣に問題なのではないだろうか?

それと、日本の大臣は、首相の任命責任が問われるように、総理大臣に選択権がある。

そして、総理大臣は、与党の中から選ばれる。

都知事は、都民によって選ばれる。

直接、国民に選ばれているからこそ、これだけの失言があっても、職を辞していない。

謝罪して終わりだ。

それと、ともに、圧倒的な強さが失言をカバーしている。

 


 


< href="http://www.facebook.com/kandanewsnetwork" send="true" width="450" show_faces="true" font="arial">
     
 


この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 212
Toshiaki Kanda