528 Views

「巣ごもり消費」という市場  漫画本の宅配レンタル




2009年02月12日WBSより

キーワード「巣ごもり消費

TSUTAYA 
漫画本の宅配レンタル

10冊 1785円 2週間で配送料は、下り上りにとも無料
つまり、全国往復送料が無料だという。

■10冊〜30冊のセットでまとめてレンタル!
シリーズ発売されているコミックや長編コミックを、10冊〜30冊のセットにしてご提供いたします。続きを気にせずに一気にご覧いただける便利なサービスです。
■全国往復送料が無料で配送・集荷サービス!1冊あたり144円から利用可能!
お届け・ご返却の往復送料が全国一律無料で、1冊あたり144円からのレンタル料金のみでご利用いただけるサービスです。電話での集荷によるご返却のため、ご自宅にいながらにして手軽にコミックレンタルをお楽しみいただけます。
■再利用が可能な宅配袋を採用!
宅配用の梱包材として再利用が可能なビニール素材の袋を採用し、廃棄物の削減による環境への配慮を行ないました。

これはすごい。
今後どんなサービスに派生するのだろうか?

自宅にダイレクトに、いろんな企業のサンプルやカタログを届けるチャンス。
それらのキャンペーン費用。
マンガタイトルからの顧客属性分析とのマッチング。

送料を片道350円の経費とすると、往復で約700円の経費。残りが粗利益だ。
最低700円の利益が残る。

問題は2週間のレンタル期間。
長いようで、借りていることを忘れそうな期間。

マンガ10冊で、顧客一人あたりの利益は1日50円。巣ごもりから得られる利益も「巣ごもり価格」のようだ。

http://www.discas.net/netdvd/topComic.do

たとえば、20世紀少年は12巻で2037円  
映画館にいくよりは高いが、消費にかかる時間はかなりお得。もちろん、ブックオフで買うよう安く、漫画喫茶にいくよりも安い。

漫画喫茶が家にやってくるというコンセプトなのかも。

巣ごもり消費は、消費者のROIをどれだけ高めるかにかかっていそう。