日本でも「夏季限定レモネードビジネス法案」みたいな法案を通していたら、自販機の電気代かなり節約できたはず。

Toshiaki Kanda 2012年09月18日 火曜日
0 people like this post

スポンサーリンク



9歳の起業家が街の公園を救う!たった5日間で3,300ドルも集めた、手作りレモネードスタンドの物語

http://greenz.jp/2012/09/17/lemonade/

 

 

http://www.usatoday.com/video/index.htm?bctid=1763213089001

9歳の子供、小学校3年生が夏休みにレモネードスタンドの商売できる環境がすばらしい。

ベンチャー魂とイノベーション、製品差別化、マーケティング、いろんな事を社会という生きた市場から学べる。

働くことの喜びや、金銭感覚、仕入れと販売価格、マージン設定、労務管理、店舗オペレーションと必要なことがミニマルで理解できる。

日本のように、テキ屋のシマ、保健所、消防署、営業許可などが、どこでも「稼げるキッザニア型市場」をダイナシにしている。

むしろ、商店街のイベントや地域を絞って、ガレージセールの感覚で行うこともありだろう。

当然、オトナからのおひねりもある。 それを社会貢献というスパイスを加えることにより、より加速度的にバイラルを増すことができる。

その社会貢献という大義名分が、自らの欲求と同じ時点で、共有できているからこそ、感動を共有したい人たちを集めることができる。

 

他にも

9歳の男の子がダンボールで作ったゲームセンターが大人気に!その理由とは?

http://greenz.jp/2012/05/12/caines_arcade/





 

 

この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 337
Toshiaki Kanda