日本のヤクザ人数7万3100人を企業従業員と比較してみたら、住友商事とJR東日本の間だった

Toshiaki Kanda 2012年03月15日 木曜日
0 people like this post


 

   

 

 

 

    カスタム検索
 

 

日本のヤクザ人数7万3100人を企業従業員と比較してみた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000509-san-soci

警察庁は2012年03月15日、2011年度(平成23年)の暴力団情勢をまとめた。同年末現在の暴力団の構成員と準構成員の合計は前年比8300人減の7万3100人で、前年に続き暴力団対策法が施行された2004年以降の最少人数を更新した。

主要3団体(山口組、住吉会、稲川会)の構成員と準構成員の合計は同5700人減の5万900人で全体の72・4%を占め、寡占状態が継続。山口組は同3900人減と減らしたが、それでも3万1千人で全体の44・1%と一極集中の状態が顕著となっている。
これをどのくらいの規模かというと、
21位 [8267] イオン 79910人

22位 [6724] セイコーエプソン 78901人

23位 [7259] アイシン精機 74671人

24位 [8053] 住友商事 74036人

25位 [8001] 伊藤忠商事 73211人

暴力団および、準構成員数 73100人

26位 [9020] 東日本旅客鉄道 72685人

上場企業の従業員ランキングより http://mstgv.com/corp_ranking/syain

日本の暴力団員総数は、JR東の従業員と、伊藤忠商事の従業員総数の間にあると想像すれば、社会にどのくらい浸透なさっているのかは想像しやすい。

 


< href="http://www.facebook.com/kandanewsnetwork" send="true" width="450" show_faces="true" font="arial">
    
 

 


この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 111
Toshiaki Kanda