【未来予測】2040年

Toshiaki Kanda 2011年02月26日 土曜日
0 people like this post

 

 

2040年

【未来予測】2040年 3  
団塊世代が90歳へ突入。ジュニアは70歳

 

 

BRICsはかつてのNIEsASEAN同様経済成長が目覚しく、またそれらの国々のGDPや貿易額が世界に占める割合は近年急速に高まっており、世界経済に多大な影響を与えるまでになっている。広大な土地・豊富な人材・豊富な資源を有するのに加え、ここ数年あるいは数十年で様々な改革を進めてきた事により、結果として潜在力を実際の成長率に反映させる事が可能になった。その結果、

2008年5月時点でG6米国日本ドイツイギリスフランスイタリア)の15%に過ぎない経済規模は、2025年には約半分の大きさに、2040年頃には先進国を上回り、

2050年の時点ではBRICsがG6の1.5倍の規模になるとみられている。4カ国が注目される理由として、特に3つの点が挙げられる。

規模の大きさ
BRICsが世界に占めるウェイトをみると、国土面積で29%、人口では42%となっており、世界の中で圧倒的な比重を占めている。
世界経済に占める地位
GDPのウェイトを購買力平価で換算すると24%(ただし、2007年、中国の購買力平価ベースのGDPが基準値の変更の遅れなどで、4割減少した事が判明している)[5]と大きく上昇し、アメリカ(21%)、EU(20%)を既に上回っている。
これまでの成長実績および今後の成長見込
ここ10年の間に新興工業国の経済成長が失速したのとは対照的にこの4カ国は平均で年6%の成長を遂げており、(特にインドとブラジルは)今後も比較的高い成長率を達成していくものと予想されている。
source=wikipedia

 

 

 

 

 

 

*



 iTunes Store(Japan)【未来予測】2040年 4


Category: typepad
  • 0
  • 7
Toshiaki Kanda