第45回衆議院議員選挙 本日公示

Toshiaki Kanda 2009年08月18日 火曜日
0 people like this post

<     <

「いよいよ、本日「公示」です。天皇陛下が国事として、衆議院選挙の候補者を告知されるそうです。


<

国事以外は、「告示」。

<
<

総務省選挙課によると、公示は、天皇陛下の「国事行為」とされている。憲法第7条には、衆院解散などとともに「国会議員の総選挙の施行の公示」が国事行為として明記。天皇陛下が詔書によって衆院選の公示をされる。また参院選も同じだ。国会議員を選ぶ選挙は、まさに国民や国家にとって厳粛で重要なものであることを表しているといえる。


<

一方、告示を使う場合は、知事選や都道府県議選、市町村長選などの地方選挙。選挙管理委員会が告知するため、公示とは区別される。では、衆院補選の場合はどちらか。国会議員を選ぶ選挙だが、国事行為ではないので告示となる」


<http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000010-san-pol

<

本日、一番の仕事は、選挙ポスターを貼る場所などの抽選。1回目のくじ引きで、くじを引く順番を決め、2回目のくじ引きで、番号が決まります。その番号が決まると、一斉にその番号を目指して、1300人の候補者×100〜1000人がポスター貼りに向かいます。

そのくじ引きで番号が決まると、いろんな選挙ツールを選挙管理委員会から手渡しされます。最大のポイントは、新聞広告出稿用のチケット。読売新聞だと200万円の、2段1/4の枠で5回分。各新聞営業の広告代理店の争奪戦がはじまります。

そして、本日からはじめてタスキに「本人」ではなく、本当の名前をいれたタスキを着用することができます。タスキはあくまでも、自由なので、しなくてもかまいませんがタスキがないと候補者として認識されにくいのです。

<

泣いても笑っても、30日の投票日で、この日本の行方が決まります。



Category: politics
  • 0
  • 221
Toshiaki Kanda